使い方&コツ

ケノンで照射した後にやるべき保湿(アフターケアを解説!)

脱毛器ケノンで照射した後にやるべき保湿(アフターケアを解説!)

この記事では、ケノンで照射した後にやるべき保湿(アフターケア)についてまとめています。

エルマー
エルマー
ケノンは使った後に保湿とかした方がいいの?
ホロン
ホロン
そうだね。ケノンはサクッと家で脱毛できて便利だけど、熱エネルギーを肌にガッツリ浴びせてるわけだから保湿はした方がいいね。

あなたは脱毛器ケノンで照射した後にどんなアフターケアをしていますか?

「え?別に何もしてないけど、、、。」

「私は適当にチャチャっと保湿してるかなぁ。」

色々な声があると思いますが、ケノンを照射したらアフターケアは欠かせません。

ケノンは光脱毛を採用し、光の熱エネルギーによって毛根を破壊し脱毛するという仕組みになっているのですがこの熱エネルギーを肌に浴びせているわけですから、照射した後にそのまま放置するのはマズイわけです。

「でも、使った後に何をすればいいのか分からない。」そんな声も多いと思います。

特に男性の利用者に。

ということで、この記事ではケノンを使った後にやるべきアフターケアについてまとめて見ました。

一から十まで分かりやすく解説していますので参考にしてみてください。

ケノンで照射後のアフターケアのやり方

脱毛器ケノンで照射した後にやるべきアフターケアのやり方

まずは、ケノンの照射後のケアについて分かりやすく解説したいと思います。

全体的な流れはこんな感じです。↓

ケノン照射後にやること

1、照射部位を冷却

2、タオルなどで照射した部位を拭く

3、化粧水・保湿クリーム・ローションなどで保湿

終了

たったこれだけです。

1、照射部位を冷却

先ほども解説したように、ケノンは光の熱エネルギーによって毛根の組織を破壊するという仕組みになっています。

そのため、照射した後は熱が肌にこもりやすいです。

特にレベル10で使用している人などは威力も強力な分、肌による負担も大きいです。

肌への負担を軽減するには冷却するのが一番良く、誰でも簡単にできますのでケノンは照射前だけでなく、照射した後も冷却するのがおすすめです。

ケノンを使った後に肌が赤くなるような方はこの過程はマスト。

2、タオルで照射した部位を拭く

次にタオルで照射した部位を拭きあげます。

清潔なタオルを使い、照射によって焼けたムダ毛を優しく拭きあげていくことによって、嫌な臭い残りも軽減できますし、肌も清潔な状態に保てます。

また、焦げた毛をそのまま放置しておくと毛穴詰まりや肌トラブルの原因になってしまいます。

タンパク質が焦げたような匂いが自分の着ている服や寝具などに付着すると、部屋全体に嫌な匂いが立ちこめるのでこの過程も面倒くさがらずにやりましょう。

3、化粧水・保湿クリーム・ローションなどで保湿

最後に化粧水や保湿クリーム、ローションなどで保湿します。

基本的に自分の気に入っているスキンケア用品を使えば良いのですが、「特にない」という方には後ほどおすすめを紹介します。

化粧水を塗ってから保湿クリームを塗るという組み合わせがおすすめですが、ローション単体だけを塗るのもおすすめです。

塗る際にはベチャベチャつけるより、浸透するように手でしっかりと押し込みながらつけてみてください。

注意点もサクッと解説!

注意点もサクッと解説!

ここからは上記の3手順において、注意するべきポイントをサクッと解説していきたいと思います。

焦げた毛を拭き取ったタオルは水でさっと洗ってから洗濯機に入れる

まずは、焦げた毛を拭き取ったタオルの処理ですね。

そのまま洗濯機に入れてしまうと匂い移りが気になりますので、あらかじめ水でさっと洗い流してから洗濯機に入れるのがおすすめです。

衛生的にも焦げたムダ毛を洗濯機に放り込むのは良くないので、ここは注意。

保湿のしすぎは良くない

次に保湿における注意点です。

保湿のしすぎはよくなく、ベチャベチャなんでもかんでも付けすぎると返って肌トラブルの原因になってしまうので気をつけましょう。

例えば、化粧水1、化粧水2、ローション、乳液、保湿クリームなど全部を塗ったりしているような方はいないと思いますが、極端な話こんな感じの人は使うアイテムを減らしたほうがいいですね。

多くても3つくらいで、2つくらい(化粧水+保湿クリームなど)がベストです。

保湿のしすぎは返って、肌への悪影響を及ぼすので注意ですよ。

ケノンを使うおすすめのタイミングはお風呂上がり!

ケノンを使うおすすめのタイミングはお風呂上がり!

ただ、人によっては「別に肌荒れしにくいし、アフターケアなんて面倒だからいいや。」という声もありますよね。

確かに、お風呂に入って服を着て、ゆったりしているときにケノンを使うのであれば、保湿は面倒ですよね。

なので、ケノンを使うタイミングが重要です。

ベストタイミングはお風呂上がり。

お風呂上がりであれば、照射の段取りも楽ですし、お風呂上がりに使用したタオルが使えます。

また、日々のスキンケアと兼ねて保湿もできますので、色々好都合ですよ。

ということで、アフターケアが面倒に感じる方はお風呂上がりにケノンを使うようにしてみてください。

おすすめの化粧水・保湿クリーム・ローションを紹介!

おすすめの化粧水・保湿クリーム・ローションを紹介!

「どんな化粧水や保湿クリームを使うべき?」という疑問もあると思いますが、正直なところなんでもいいです。

自分にあった保湿クリーム、自分の気に入っている化粧水を使っていただければ良いのですが、男性などであれば「そんなの無いわ。」という方が多いと思いますので、コスパも良く、入っている成分も魅力的な化粧水と保湿クリームを紹介させていただきたいと思います。

おすすめの化粧水はこちら

最初に紹介したいのがこの化粧水ですね。

大容量500mlでヒアルロン酸やコエンザイムQ10などが入っている上、値段はなんと700円代という超コスパの良い化粧水です。

テクスチャーはさっぱりとしているので、しっとり系よりもさっぱりした方が好きな方はこの化粧水がおすすめですよ。

おすすめのローションはこちら

次に紹介したいのが、先ほどと同じシリーズのローションタイプですね。

ヒアルロン酸とコエンザイムQ10が入り、500mlという大容量になっているのは同じなのですが、ローションタイプの方がかなりしっとりなテクスチャーになっています。

肌へ塗りやすく、保湿感も抜群なので、これだけでも保湿が完了するぐらいのつけ心地ですよ。

値段も700円代で安いのでコスパも抜群。

おすすめの保湿クリームはこちら

最後におすすめの保湿クリームですが、有名どころのニベアがおすすめです。

ニベアといったら青缶みたいな感じもありますが、スキンミルク系もおすすめです。

肌への付け心地もいいですし、値段以上に魅力的なスキンケア効果と成分が含まれています。

また、1000円未満の価格で買いやすい上、優秀な成分に特化したプレミアムやテクスチャーの種類も「なめらか」、「しっとり」、「さっぱり」など自分好みの保湿クリームを選ぶことができます。

ケノンで照射した後は保湿が必須!

ケノンで照射した後は保湿が必須!

ということでケノンで照射した後のアフターケアについて解説させていただきました。

結論、ケノンで照射した後はサクッと保湿してあげてください。

肌をいたわってあげることで脱毛のクオリティの上がり、最終的な仕上がりが綺麗になります。

また、定期的な脱毛とはいえ、アフターケアを何もしてないとそのダメージが蓄積されていきますので、保湿は必須です。

とはいえ、アフターケアは手間がかかるものではないですし、誰でも簡単にできますのでぜひケノンを使用した後はチャチャっと保湿してみてください。

ケノンのことなら
こちらも\Check!/

記事をSNSでシェアして頂けると嬉しいです!

ホロンブログPR

この記事を読んで良かったと感じた方は上のSNSボタン⤴︎からシェアをお願いします!(ボタンを押すと簡単に共有できます。)

また、ホロンブログの記事を「お気に入りに追加」、「ブックマーク」、「ホーム画面に追加」などしていただけると嬉しいです。

ブログ認知度アップのため、応援のほどよろしくお願いします!

あなたの1クリックが励みになります

ホロンブログをシェア