お得に購入

高校生がケノンを購入するために親を納得させる方法

高校生がケノンを購入するために親を納得させる方法

この記事では、高校生がケノンを購入するために親を納得させる方法についてまとめています。

女子高校生
女子高校生
脱毛器のケノンを買いたいんだけど、お金がないんよね。
男子
男子
俺も髭脱毛したい〜〜。でも金ない〜〜。
ホロン
ホロン
確かに、高校生にとって脱毛器を買うのは金銭的な負担が大きいよね。任天堂Switch買うより高いもん。笑 でも、僕がケノンを購入するためにやるべきおすすめの方法を伝授してあげるよ。

高校生にとって自分の濃い体毛というのはコンプレックス。

ひどく悩んでは、カミソリやシェーバーで自己処理する人も多いと思います。

女子ならすね毛や脇毛などをツルツルに剃り、男子は髭を剃りますよね。

しかし、いくら剃ってもムダ毛たちは永久不滅。

脱毛しない限りは生え続けてきます。

そんな高校生だからこそ脱毛をおすすめしたいのですが、脱毛サロンは月額で1万円以上かかるので現実的ではありません。

しかも親の同意が必要なので、色々と面倒ですね。(特に男子高校生は。)

そこで、あなたも脱毛器ケノンという魅力的なアイテムを見つけてこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

高校生がケノンを購入

確かに、ケノンは一度買ってしまえば故障しない限りずっと使うことが可能です。

そして、今ケノンを買えばスーパープレミアムカートリッジという勝者回数が300万発にも及ぶカートリッジがついてくるので、買い替えもほとんど気にしないで済みます。

でも、購入に踏み切れない原因として一番大きいのは『値段』ですよね。

ケノンは6万9800円もするので、普通の高校生ならまず手が届かないでしょう。

最近はバイト禁止の学校も多いですし。

「でも、脱毛したい。」

分かります。その気持ち。

僕も高校生の頃に自分の濃い体毛と髭に悩まされていましたから。

毎日剃らないと目立つくらいの髭が高校生の頃に生えていたので、友達からイジられたり女子たちから変な目で見られるのが嫌だったんです。

だから、高校生の時にケノンを買いました。

そして、コンプレックスが消えるぐらいまでケノンを使い込んで、ついに髭の悩みも体毛の悩みも消すことができました。

なので、過去の僕と同じように辛い思いをしているならケノンで脱毛して欲しい。

そう思い、高校生がケノンを購入するためのオススメの方法を紹介したいと思います。

それが『ケノンを購入するために親を納得させること』です。

では、見ていきましょう。

高校生がケノンを購入するために親を納得させる方法

高校生がケノンを購入するために親を納得させる方法

ただでさえ、金欠気味な高校生がケノンを購入するためには親を納得させる必要があります。

自力でお金を集めるという手も無理ではないのですが、それだと結構大変です。

ではどうやって親を納得させればいいのでしょうか?

やり方としては次の3つがあります。

  1. 本気で脱毛したいことを伝える
  2. 自分で3万円〜5万円ほど貯めて、少しだけお金を貸してもらうようにする
  3. 将来お金を返すことを約束に、もしくは今親のために働く・家事を手伝うなどを約束する

本気で脱毛したいことを伝える

まず、一番おすすめしたいのが「本気度」を見せることです。

本気で脱毛したいと親に伝えてみてください。

少なくとも、何かしらの思いが親には届くはずです。

女子高校生であれば、お父さんとお母さん両方に相談すれば、力になってくれる確率が高いです。

なぜなら、可愛い娘のことを大切に思ってくれてるのが親という存在だからですね。

しかし、男子高校生であれば「脱毛したい。」なんて恥ずかしくて言えませんよね。

「なんで?」と聞き返されたら息詰まりそうです。

その場合は、次の方法で納得してみてください。

自分で数万円貯めて少しだけお金を借りる

自分で数万円貯めて少しだけお金を借りる方法になります。

例えば、高校生であれば月に数千円ぐらいのお小遣いがもらえると思いますし、おばあちゃんやおじいちゃんに頼めばお小遣いももらえると思います。

また、子供の日や誕生日、クリスマス、お正月といったイベントでもお小遣いがもらえますよね。

それを最低限使わずに貯めておきましょう。

そのお金を用意すれば簡単に数万円程度は集まるはずです。

そして、最低でも3万円程度は自分で用意するようにしてください。

友達ともできるだけ遊ばず、マクドナルドでハンバーガーを食べたりしない。

無駄にカラオケや映画にもいかない。

そうやって節約していれば確実にケノンを買う資金が貯まります。

そうして貯まったお金を用意して、足りない分だけを親に借ります。

もしくは、数ヶ月分のお小遣いを前払いという形で借りる方法もおすすめです。

脱毛したいならそういう貯金からも本気を見せていきましょう。

将来お金を返すことを約束に、もしくは今親のために働く・家事を手伝うなどを約束する

そして、3つ目の方法が親にお金を返すことを約束することです。

将来自分が働き始めてからお金を返す条件でもいいですし、今親のために働くのもありです。

例えば、毎日お風呂掃除やトイレ掃除をするとか。

親から仕事をもらって、バイトするような感じですね。

なんでもいいから親にとってメリットのある条件を考えて提案すると効果的です。

継続すればそこが突破口となってボーナスが出るかもしれませんよ。

女子高校生
女子高校生
私はお父さんが優しいから、ちょっと頼んでみようかな。
男子
男子
俺は絶対に脱毛したいなんて言えないし、バレたくないからなぁ。とりあえず、親の手伝いを始めてみようかな。
ホロン
ホロン
お金を貯める時のポイントとして、いらなくなった服やゲームとか漫画を売るっていうのもありだよ。僕はいらなくなったゲームとかを友達に売りまくってた。中古なのに高い値段で売れたっけ。それから遊戯王とかデュエマとかのカードとかも専門店に売りに行ってたな。

高校生にとってケノンを自腹で買うのはまず不可能

高校生がケノンを購入

改めていうまでもないことですが、高校生が自腹でケノンを買うのはまず不可能です。

どこぞのおぼっちゃまやお嬢様でない限りは現実的ではありませんし、むしろそれが普通です。

僕も高校生の時なんてある程度のお金はお小遣いとかイベントとかでもらったやつでなんとかなりましたが、6万9800円なんて大金を用意するのは不可能でした。

だからこそ、親の力が必要になります。

しかし、100%親に頼り切るだけでは良くないので、先ほども言った通り、ある程度の資金は自分で貯めるようにしてください。

例えば、5万円程度なら頑張れば高校生でも貯めれるはずです。

余計な外食を控えたり、友達と遊びすぎない。

もしくは遊ぶときもお金をなるべく使わないようにする。

ネットショッピングをしない。

などやろうと思えば、節約はいくらでもできます。

そして、2〜3万円程度親に借りるのが現実的です。

子供が本気度を見せれば2〜3万円なら借りることは可能です。

しかし、4万〜7万円ほどになってくると流石に滅入る親も多いと思うので、数万円の用意は絶対条件ですね。

高校生でも中古ケノンは絶対にダメな理由

高校生でも中古ケノンは絶対にダメな理由

高校生の方であれば中古のケノンなら今すぐにでも買えるという人もいるのではないでしょうか?

中古のケノンはメルカリなどに出品されているのですが、2万〜3万円程度で買うことができます。

新品に対して、半分以下の価格なので魅力的に映ることでしょう。

しかし、中古のケノンは絶対におすすめしません。

なぜなら、故障してしまった後に修理に出すことができないからですね。

修理に出せないということは、もし中古のケノンを使い始めていきなり壊れたりしたら、数万円が無駄になります。

そして、メルカリなどで購入してしまうと返品不可などの条件も良くついているので不良品を買わされて、ぼったくられる可能性もあります。

もしも、すでに故障しているケノンなのに新品という表記があったら?

もしも、中古のケノンを使ってすぐ故障してしまったら?

色々考慮したとしても、中古のケノンを買うことはリスクが高すぎますし、お金の無駄です。

なので、高校生がケノンを買う場合はちゃんと公式ページで、新品のケノンを買うようにしてください。

男子
男子
あぶな。中古のケノンでもいいかって思ってた。故障したら修理に出せずにお金がパァになっちゃうんだね。
ホロン
ホロン
そうそう。ケノンはちゃんと公式ページで買うべきだよ。中古のケノンはお金を無駄にしちゃうから注意してね。

ケノンを高校生が安く買う裏技【最終奥義】

ケノンを高校生が安く買う裏技【最終奥義】

ケノンを買いたいけど、買えない高校生にとって一番問題なのはその6万9800円という値段です。

この高い壁をなんとしてでも越えなければなりません。

そこで最終奥義の安く買う裏技を紹介しておきたいと思います。

最終奥義としては、自分のコンプレックスを全て親に伝えることです。

体毛が濃くて悩んでいると真剣に伝えてみて下さい。

その際、具体的に伝えるようにしましょう。

例えば、女子高校生であれば、毎週自己処理していて、赤いプツプツができてしまって悩んでいると。

今脱毛しておけば、この肌荒れから解放されるし自分にも自信が持てるようになると。

男子高校生であれば、毎日髭剃りしているのが嫌で青髭を友達にからかわれるのが嫌だから脱毛したいと。

自分の本当に悩んでいる部分を親に伝えるわけですね。

もちろん、悩みをさらけ出すわけなので恥ずかしいと思いますし、自分のプライドとかも引き裂かれると思います。

特に男子高校生であれば、なるべく自分の弱みを親に知られたくないですよね。

僕もそうでした。

しかし、本気で悩んでいることを親に伝えれば少なくとも力になってくれますよ。

もしかしたら、ケノン以外の別の解決方法を用意してくれるかもしれませんし、資金の援助をしてくれるかもしれません。

どうしようもない場合は、最終奥義として試してみて下さい。

女子高校生
女子高校生
そこまでコンプレックスを伝えるの恥ずかしく感じないし、思い切って言ってみようかな。
ホロン
ホロン
女子高校生なら確かに、親ならコンプレックスを打ち明けやすいよね。僕は絶対に無理だったけど。でも、本気で悩んでいることを伝えるのは別に悪いことじゃないし、後悔するようなことでもないんだよなぁ。僕も変なプライドを捨てて伝えてみても良かったかもね。

高校生がケノンを買うなら親を本気で説得する必要あり

高校生がケノンを買うなら親を本気で説得する必要あり

ということで今回は高校生がケノンを購入するために親を納得させる方法について詳しくまとめてみました。

もちろん、解決方法というのはいくらでもあります。

今回紹介した方法以外にも、考えればいくらでもあるんですね。

例えば、

  1. 学校にバレないように短期バイトをしてみる
  2. メルカリなどで古いゲームやおもちゃ、DVD、CD、漫画などを売りまくる
  3. 知り合いに頼み込んで日雇いで働かせてもらう
  4. 友達にゲームをうる
  5. トレーディングカードをうる
  6. おじいちゃん、おばあちゃん、叔母、叔父にお金を借りる
  7. 貯金をコツコツ貯める
  8. 大学生になるまで我慢する
  9. 兄弟にお金を借りる
  10. 家族みんなで脱毛してみない?と提案してみる
  11. 兄弟で親に脱毛器ケノンを購入したいことを伝えてみる
  12. 友達と一緒にケノンを買う(二人で使う)

考えればいくらでも解決方法は出てきます。

どんな方法でもケノンで脱毛してみれば、自分に自信が持てるようになります。

少なくとも僕はケノンで脱毛したおかげで、濃い体毛のコンプレックスから解放され、毎日髭剃りする必要もなくなり、青髭の悩みもなくなりました。

別に脱毛できたらなんでもよかったのですが、高校生だった僕のお金事情からしたらケノンが最適解だったので、本当に選んで良かったと思っています。

高校時代というのは長いようで短いものです。

高校時代を謳歌するためにも自分に自信は必要不可欠。

自信があれば、好きな相手を振り向かせることにも繋がりますし、日々の高校生活も今以上に華やかになることでしょう。

「思い立ったが吉日、その日以降は全て凶日」という言葉もあるとおり、今すぐにケノンを購入するためのミッションを開始してみて下さい。

高校生がケノンを購入

高校生におすすめのケノン記事

毛深いことにコンプレックスがあるJK女子高生におすすめの自宅脱毛
毛深いことにコンプレックスがあるJK女子高生におすすめの自宅脱毛この記事では、毛深いことにコンプレックスがあるJK(女子高生)におすすめの自宅脱毛について徹底解説しています。毛が濃いことに悩んでいる女子学生の方は必見で、お金の面や脱毛の始めやすさ、速効性など高校生ならではの悩みを元におすすめの家庭用脱毛器を紹介しています。...
【脱毛器ケノンの口コミ・効果】学生目線でケノンのコスパを考察!
学生目線でケノンのコスパを考察!この記事では、脱毛器ケノンの口コミ・効果について大学生の僕が総評しています。脱毛サロンとの比較や学生との相性について、それから脱毛における脱毛器ケノンという選択肢のコスパなど学生目線の口コミをまとめてみたので必見です。...
脱毛器ケノンの口コミ【高校生がコスパよく脱毛する方法はこれ!!】
高校生がコスパよく脱毛するおすすめの方法はケノン!この記事では、高校生がコスパよく脱毛する方法について紹介しています。高校生が脱毛するなら脱毛サロンよりも脱毛器ケノンを使うべき理由やケノンを使うメリットや高校生との相性など高校生目線で金銭的なことも考慮しながらまとめてみたので気になる方は必見です!...
最後に記事をSNSで拡散!

この記事を読んで良かったと感じた方はSNSボタンよりシェアして頂けると嬉しいです!

ブログ記事を多くの人に届けるためにも、力を貸してください!
ホロンブログをシェア

こっちもポチッと投票お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA