ホロンブログのヘッダー画像
口コミ・効果

冬の極寒の中で快適に脱毛器を使うコツ-Best3

冬の極寒の中で快適に脱毛器を使うコツ-Best3

この記事では、寒い冬の日に快適に脱毛器を使うコツについてまとめています。

ヘンリー
ヘンリー
冬の自宅脱毛をもっと快適にする方法ないのかな?
ホロン
ホロン
僕が考案した対冬式セルフ脱毛戦法を教えてあげるよ。笑

クリスマスシーズンに突入し、冬も真っ只中になってきましたね。

こんな時期はなるべくぬくぬくの格好でほっこりしたいところです。

ですが、脱毛器を使うとなれば話は別。

半裸状態になって、脱毛器を照射しないといけないです。

暖房の効いたぽかぽかの部屋で脱毛できるなら問題ないとは思いますが、完全に部屋を締め切ってしまうと脱毛した際の焦げた匂いが充満して、これまた厄介。

窓を開けると冷たい風が入ってくるから換気するのもキツい。

こんな日は一体どうセルフ脱毛すればいいんだ?

僕も全く同じ悩みを抱えていました。

今では霧ヶ峰のいいエアコンが家にあるからいいものの、昔は暖房さえなく電気ヒーターをつけ、全身は寒いのに、一部だけヒーターの熱を感じるという微妙な状況で脱毛していたことをよく覚えています。

ブルブル震えながら、クーリングするために保冷剤を当て、さらにブルブル。

ブルドックも真っ青です。

そんな僕だからこそ伝授したい冬におすすめの快適なセルフ脱毛法について今回は紹介したいと思います。

「そんなの、暖房つければ解決でしょ。」

そう思うじゃないですか。

、、、いや、、、。

その通りで、言い返す言葉もないんですけどね。笑

でも、もしかしたら暖房が効かない部屋に住んでいる方もいらっしゃるかもしれない。

エアコンがぶっ壊れている人がいるかもしれない。

また、暖房がガンガンに効いた暖かい部屋でもさらに快適に脱毛できるエッセンスがあるかもしれないので、興味ある方はお付き合いください。

それでは見ていきましょう。

冬の極寒の中で快適にセルフ脱毛するコツ-best3

冬の極寒の中で快適にセルフ脱毛するコツ-best3

極寒の真冬でセルフ脱毛するには、対策すべきことはたった一つ。

寒さを防ぐこと。

これさえ意識してしまえば、問題ないのでいたってシンプルですね。

そこで、僕が考案した冬のセルフ脱毛テクを紹介していきたいと思います。

お風呂上がりに10分で全身脱毛を終わらせる(照射レベルを中程度に設定し、連続照射で一気に脱毛!)

まず激推しのこちら。

お風呂上がりに10分という短時間で一気に全身脱毛を終わらせてしまうことです。

最近の脱毛器の多くは、連続照射機能がありますよね。

チャージ時間の長いケノンとかであっても、単発よりは連続照射で一気に脱毛したほうがスピーディーです。

さらにお風呂上がりは体が温まっていて10分程度なら寒さを気にせずに過ごせると思います。

この黄金の10分を利用し、一気に脱毛してしまうという戦法ですね。

また、照射レベルは痛みがそこまで気にならない中程度に設定してあげましょう。

こうすることでクーリング機能がない脱毛器でも、痛みを気にせず爽快に脱毛することができますよ。

ちなみに、この方法をやる際は体を冷やさないように、お風呂場の温もりを利用しながら脱毛するのがおすすめ。

スピーディー脱毛に特化している脱毛器を紹介!
照射速度No.1『ドクターエルミスゼロ』特集!

曜日ごとに脱毛する部位を決めて毎日少しずつ脱毛することで1回にかかる脱毛時間を分散させる

次に紹介したいのが脱毛する箇所を曜日ごとに分ける方法です。

脱毛というのは別に1日にまとめてする必要はありません。

毛周期という毛の生え変わるサイクルに合わせて行えばいいので、曜日が変わろうが部位ごとに脱毛のペースを一定にしてしまえば脱毛効果は得られます。

そこで、部位脱毛を曜日ごとに行いましょう。

これにより、1回あたりの脱毛時間を分散させることができます。

つまり、寒い時間を短くすることができ極寒の真冬であってもノープロブレムというわけです。

まさに対冬式非常識脱毛器使用戦法ですね。

イメージとして、月曜日は上半身、火曜日は下半身、水曜日は顔面、木曜日はvio、っていう感じです。

注意点として、同じ部位を1週間で何度も照射すると照射回数を無駄に消費してしまうだけになってしまうので、注意してください。

暖房がない方のやり方-必需品(暖かい飲み物、布団orヒートテックor厚手タオル)

そして、最後にエアコン(暖房)がない部屋で脱毛しなければならないという状況に応じたテクニックを紹介したいと思います。

脱毛するタイミングはやはりお風呂上がりになります。

そして、次のように効率よく脱毛していきましょう。

効率よく脱毛する流れ

効率よく脱毛する流れ

まず脱毛する流れはこんな感じです。

優先して脱毛する箇所も合わせてチェックしてみてください。

対無エアコン式セルフ脱毛戦法

1、お風呂上がりに脱毛開始

2、まずは先端部分から脱毛(足・指)

3、先端が脱毛できたら靴下を履き、首も温める

4、連続照射に切り替え腕・脚のラインを直線的に脱毛する

5、脱毛できたら下着を着る(下半身だけ)

6、胴体部分を連続照射でパパっと脱毛する

7、上半身の下着を着る

8、部屋着/パジャマを着て体を温める

9、暖かい飲み物でさらに温める

10、保冷剤を用意し、単発照射で顔/髭/vioの脱毛に取り掛かる

こんな感じ、10番目に関しては必要ない人もいるかもですが、自分スタイルにしてみてください。

激辛のお菓子を食べながら脱毛する

それから僕の体験談も少しお話ししておきます。

昔の僕の部屋は暖房が全然効かない部屋で、冬の時期はキンキンに冷えていました。

まぁ暑さよりも寒さのほうに慣れていた僕なので、多少どうこうってことはなかったのですが、そんな時に面白い脱毛のやり方を考案したんですね。

それが激辛のお菓子を使った自宅脱毛。

辛いものを食べれば体が熱くなるというのは脳の錯覚で、実際はそんなことはないようですが(テレビ番組情報)、体感では熱くなりますよね。

激辛のお菓子をイメージしただけでも体が温まってくるぐらいです。

誰もが一度は経験したことがありますよね。

そんな激辛お菓子を食べながら自宅脱毛するっていうのが冬の寒い季節に、「してたなぁ〜。」って思い出しました。

おすすめできる方法ではないですが、謎の罰ゲームを受けている感覚になります。笑

興味ある方は是非一度試してみてください。(もちろん自己責任で。)

冬でも髭/vioなどについては照射レベルを落とさずに脱毛することを推奨

ここからは真面目にいきます。

脱毛のポイントになるんですけど、冬の寒い時期であっても髭とvioは照射レベルを最大の状態で脱毛するのがおすすめです。

というのも冬の時期だからといって、髭とvioに弱いパワーで照射すると効果が実感しにくくなり、時間を無駄にしてしまうんですね。

ただでさえ、時間がかかりやすい部位なので冬の寒いときであってもガツンと照射していくべきです。

なので、これらの部位を取り掛かるときは服を着て暖かい状態にしてから、保冷剤を使用し照射レベルMAXで脱毛するようにしてください。

関連記事

【まとめ】極寒の自宅脱毛を耐え凌げば最高の春に。

【まとめ】極寒の自宅脱毛を耐え凌げば最高の春に。

ということで今回は冬の寒い時期に快適に脱毛する方法についてまとめてみました。

結論、暖房があるならつけましょう。

ない場合は今回の記事で紹介させて頂いたテクニックを利用してみてください。

冬の寒い時期でも手を抜かずにコツコツ脱毛をしていくことで、春を迎える頃にはかなりの効果が実感できるはずです。

家庭用脱毛器はIPL方式という時間がかかる脱毛方式なので、冬もじっくり丁寧に取り組んであげるべきですよ。

それでは、素敵なクリスマスを。

脱毛器の使い方テクニックについてさらに詳しく知りたい方はこちらのページへ!

脱毛器オタクが本気で選ぶ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA