大学生

大学生がインターンシップに行く前に知っておくべきこと【3】

この記事では大学生がインターンシップに行く前に知っておくべきことについてまとめています。

こちらの記事は『大学生がインターンシップに行く前に知っておくべきこと【2】」の続きの内容となっております。

あわせて読みたい
大学生がインターンシップに行く前に知っておくべきこと【2】
大学生がインターンシップに行く前に知っておくべきこと【2】この記事では大学生がインターンシップに参加する前に知っておくべきことについてまとめています。企業に自分をアピールする目的でインターンに参加しようと思っている大学生は必見です。知っておくと得するビジネスマナーをまとめています。...
エルマー
エルマー
インターンシップで企業にアピールするのって、何が効果的なんだろう?
ホロン
ホロン
企業は個人個人に目を向けているから、ビジネスマナーとか当たり前のことをきちんとして、名前を覚えてもらえるくらい良い印象を与えるのがいいよ。

あなたはどうして、インターンシップに参加するのですか?

この質問に対して、それぞれ回答は異なるかもしれませんが、多くの人は、「仕事を経験してみたい、見てみたい、憧れの企業の職場の雰囲気を肌で感じたい。

というような目的で、参加すると思います。

もしくは「企業に自分をアピールして、少しでも就活に向けて評価を得ておきたい」といった大学生もいるのではないでしょうか?

今回は後者の大学生に向けて、企業にアピールするために、できることを分かりやすく解説していきたいと思います。

この記事は3ページ構成になっております。

記事の構成
1ページ目 職場での美しい立ち振舞い&クッション言葉について
2ページ目 お辞儀の常識&一目置かれたい新人がやるべきこと
3ページ目 ビジネスの場で使ってはいけない言葉&職場の人に好かれる挨拶のテクニックについて

まずは、職場での美しい動作、立ち振舞いについて解説していきたいと思います。

美しい動作【職場での立ち振舞いを知る】

大学生がインターンシップに行く前に1

職場では立ち振舞いが重要です。そして、この立ち振舞いが美しいかどうかで、仕事の結果に差が出てきます。

今回は、そんな大切な美しい立ち振舞いをまとめてみました。

立ち振舞いといっても、ざっくりしているので具体的な例を二つ上げて、その例について解説していきたいと思います。

美しい立ち振舞いを知る

まずはこれ

書類の受け渡し方

書類を受け渡す際に気を付けることを知っていますか。

当たり前のように、ただ書類を受け渡すのではなく美しい渡し方があったんです。

まずは、渡す前ですが、書類は胸の高さで持つようにします。胸の高さで持つことによって、どのような書類なのか、内容を相手に伝えることができますし、

相手もおおよそを把握することができます。

そして、書類は表を上にして、相手に正面を向けて渡します。相手に見やすいように渡すのがポイントで、読みやすさを意識します。

渡すときには、相手の目を見ながら、「どうぞ」など一声かけるのがマナーです。

無言で渡してしまうと、何か書類に不備でもあるのか?と不審に思われてしまうので、よくありません。

相手の目を見て、一声かけることは自信のある書類であることを示すことが出きるので相手も丁寧に目を通してくれることでしょう。

最後にポイントですが、きちんと立って書類を渡すのが望ましいです。たとえ、同僚などであっても座ったまま書類を渡すのはマナーが悪いのでやめるようにしましょう。

次はこれ、

部屋の入退室の方法

部屋の入退室の方法ですが、これは中学生になれば誰もが学ぶことですね。中学生が高校受験の面接対策でみっちりと教え込まれる訳ですが、

学んだことを、まだ覚えていますか?

忘れている方はもう一度再確認してくださいね。

まずは、入室前のノックですが、軽く2、3回ドアをノックします。ドアが開いている場合もきちんとノックするようにしましょう。

次に「どうぞ」などの返事を待ってから入室します。

注意として、返事があるまで入室してはいけません。返事を待つのはマナーですので、相手の気の削ぐようなことはしてはいけません。

入室するときは「失礼します」とあいさつしながら静かに入りましょう。

あいさつすることで、相手は誰が入ってきたのかおおよそ把握できますし、仕事の話にもっていきやすいです。

次に入ったらドアを閉めるのですが、きちんと体をドアに向けて閉めましょう。

後ろ手に閉めるのは、良くありません。

ここまで、一つ一つ丁寧に静かに行うことで、好印象を与えることができます。

用件が済んだら退出しますが、ここで気をつけたいのは部屋から出る前に

ドアの前で一礼してから、で出るようにしましょう。

最後の最後まで気を抜かず一貫した美しい立ち振舞いをする、これができる社会人です。

まとめ

美しい立ち振舞いというのは、相手を思いやり、機能的にかつ効率よい動作であるということができます。

今回紹介したのは、書類の受け渡しと部屋の入退室の方法という、狭い範囲でしたがどの動作でも根本にあるものは同じなんです。

つまり、相手を思いやって、機能的に効率的になるようにすれば良いだけですから。

応用してあげれば、いつでもどこでも美しい立ち振舞いができますよ!!

クッション言葉を使おう!!物腰の柔らかさが肝心

大学生がインターンシップに行く前に知っておくべきこと2

ビジネスにおいて何事にも、物腰の柔らかさが重要です。それは、いかなる状況、いかなる場所でも当てはまります。

そして、物腰を柔らかくする基本がクッション言葉です。

今回はクッション言葉についてまとめてみました。

クッション言葉を知ろう!!

クッション言葉とは

クッション言葉というのは相手の配慮を示す言葉です。この言葉を使うことによって、表現を和らげることができ、ソフトな話し方ができます。

そして、このクッション言葉を上手に使うことで、応対の物腰をやわらげ、気配りができ、好感度が上がり、できる人として見られます。

いつ使うのか?

例えば、人にものを頼むときであったり、電話の対応、上司とのやりとり、取引先との商談など、あらゆる状況に当てはまります。

なので、常に使うことを求められるのがクッション言葉だと言えます。

クッション言葉を使おう!!

使うときのポイント

最初にクッション言葉を使うときのポイントをまとめておきます。

まず、一つ目はものを頼むときは依頼形にいいかえることが重要です。人にものを頼むときは「~してください」というふうに命令形で頼むと、頼まれた側は嫌ですよね。

そこで、「~していただけますか」というふうに依頼形で言い直すとどうでしょう。

こちらの言い回しの方が、物腰が柔らかくて頼まれた側も気持ちが良いですね。

ということで、一つ目のポイントはものを頼むときは依頼形を使いましょう。

二つ目のポイントは否定的なことを言うときは、婉曲的な表現を心がけましょう

これも相手への配慮を示していて、頭から否定するだけではそっけなく思われてしまいます。

例えば、「わかりません。」「できません。」というような言葉を使うのではなくて「申し訳ございませんが、分かりかねます。」「あいにくですが、いたしかねます。」というような言葉を使いましょう。

新人の方で、「すいません。」「わかりません。」というような言葉を連発している人がいますが、そのような言葉を何度もつかっていると

頼りなく思われてしまったり、信頼がなくなってしまうので絶対に止めましょう。

三つ目のポイントは肯定的な言い方に変えるということです。

否定的なことを伝えなければならないケースはあると思います。そこで、肯定的な表現を使うことによって、

相手の不安などを解消することができます。

例えば、「今日中に納品するのは、難しいです。」と言うときには「明日の午後には納品できます。」ということによって、肯定的な表現ができ、前向きに考えることができます。

場合によっては、相手の不満を買うこともありますが、具体的な日時を言うことによって、相手の理解を得られます。

具体的なクッション言葉の例

ものを頼むとき

「こちらでお待ちいただけますか?」

「おかけ直しいただけますか?」

否定するとき

「申し訳ございませんが、私には分かりかねます。」

「あいにくですが、いたしかねます。」

待ってもらうとき

「恐れ入りますが、少々お待ちいただけますか?」

電話の対応場面

「失礼ですが、どちら様でしょうか?」

名指し人がいないとき

「申し訳ございません、~は席を外しております。」

用件を承るとき

「差し支えなければ、私がご用件を承りましょうか?」

依頼するとき

「お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。」

まとめ

クッション言葉を使うことで、好印象を得ることができます。自分だけでなく相手への配慮を忘れないクッション言葉。

自分勝手な大人や、口の悪い大人はたくさんいますが常に相手を思いやる心、それがクッション言葉が生まれた理由であり、

日本人として無くしてはいけない心だと思います。この心をもち真の社会人として輝いてください。

 

大学生におすすめの記事

下のボタンから大学生専用ページに行くことができます。ここではホロンブログ内にある、大学生向けの記事を一覧にしてまとめていますので気になる方はチェックしてみてください。↓

大学生ページ

 

次のページでは意外と知らないお辞儀の常識についてと一目置かれたい新人がやるべきことについてまとめています。

ちょっとした気遣いができるだけでも、インターンに行っている大学生の株は上がります。

そして、うまく企業にアピールできれば就職で有利になるので、ぜひ次のページに書いてあることも参考にしてみてください。↓

 

1 2 3