PR

Carstay・バンシェアがすごい!|絶対流行るVAN泊・車中泊

Carstay・バンシェアがすごい!|絶対流行るVAN泊・車中泊

この記事では、話題のサービス「Carstay」と「バンシェア」についてまとめています。

エルマー
エルマー
カーステイ?バンシェア?何それ?
ホロン
ホロン
これから絶対に流行るVAN泊市場の注目サービスだよ。キャンピングカーとか車中泊に使える車を借りることができたり、車旅行で欠かせない宿の予約をしたり、レジャーの予約ができるんだ。話題のシェアリングエコノミーっていうやつだね。

シェアリングエコノミーと言えば、もう誰もが聞いたことある有名なキーワード。

傘をシェアしたり、家をシェアしたり、自転車をシェアしたり、配達をシェアしたりと利用したことがある方も多いのではないでしょうか?

そんな、シェアリングエコノミーの形としてこれから絶対に流行るのが『VAN泊』。

キャンピングカーなどの大型の生活できる車に泊まりながら、1泊2日などで日本を旅できます。

そんな魅力的なサービスを展開しているのが、「バンシェア」です。

「バンシェア」は車中泊に必要なキャンピングカーが借りれるカーシェアリングサービス。

日本には250万台ほどのVANが眠っていると言われる中で、そのVANを新たなビジネスにうまく利用し、新しいシェアの形、新しい地域観光の活性化、新しい旅行スタイルを確立できると期待されています。

車中泊で旅行するスタイルが流行れば家族旅行も楽しめますし、友達複数人での旅行や、恋人との旅行も一層飛躍するので魅力的ですよね。

今回はそんなCarstay・バンシェアのサービスについて詳しくまとめてみました。

バンシェアとは?特徴とメリットを解説!

バンシェアは車中泊に使えるようなキャンピングカーを借りれるサービスで、キャンピングカーを貸し出せる人と利用したい人をマッチングさせるサービスです。

使い方はとてもシンプルで、ドライバー登録をしてから借りたい自動車を選んで申し込むだけ。

たったこれだけで車を借りることができます。

普通のカーシェアサービスと同じような感じで、車の鍵は対面で渡すのが基本になっているようです。

借りれる車のレパートリーですが、特にバンに特化していて、車中泊に使うことができるトヨタのハイエースなども含まれているので嬉しいですね。

気になる値段ですが、そのキャンピングカーの所有者が示す購入金額やCarstay側が車の維持費を考慮した上で、適正な価格を設定するようになっています。

ちなみに相場は8000円~2万円弱ぐらい。

海外ではやっているVANLIFE(バンで暮らす)のプラットフォームを日本で作りあげた形がヴァンシェアなので、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください。

→VAN SHARE-公式サイト

Carstayとは?特徴とメリットを解説!

次にカーステイですが、バンシェアで車を借りた後、いざ旅行に行くとなると宿が必要ですよね。

そこで、カーステイで宿を予約します。

宿といっても、当たり前ですがホテルのようなものではなく、道の駅や深夜は営業しない飲食店、それから温泉などの駐車場などがメインの宿泊場所になります。

carstayを使うことで、利用者はそれらの施設から宿泊する場所を選び、簡単に予約することができます。

2000円~5000円程度の値段で予約することができ、値段に応じて、電源が使えたり、テントを張れたりと内容が違うみたいです。

従来であれば、施設によって異なるのですが車中泊されることでデメリットが生じるケースがありました。

例えば、勝手に水を使われたりなどですね。

こんなこともあるので、飲食店や温泉などからしたら車中泊は禁止しているケースが多かったんです。

しかし、carstayは有料で駐車場を貸し出し、その6割~8割を還元することによって、上記のような問題を解消しました。

(具体的には、飲食店などの駐車車には収益の6割を還元、キャンピング場には8割を還元)

つまり、駐車場を貸す側はお金がもらえるのでスペースを資産にように扱えることになります。

営業していない夜中に駐車場を貸すだけで、駐車場を収益化できるのは嬉しいですよね。

現在カーステイは、車中泊ができる駐車場を増やしており、山梨、長野、静岡を中心に拡大しているようで、関東から1泊2日で旅行しやすいように意図して提携先を見つけています。

ちなみに、カーステイは車中泊に向けて、VANと駐車場を提供するだけでなく、旅先でのレジャーの予約なども可能。

例えば、サーフィン、野菜狩り、沢登りなどをカーステイから簡単に予約できます。

バンシェアで車を借りて、carstayで宿泊場所を予約し、さらに旅先で遊ぶのもcarstayで予約できるので、充実した旅行を再現してくれます。

→Carstay-公式サイト

そんなcarstayとバンシェアですが、一体何がそんなにすごいのでしょうか?

話題になっている理由の真相を見つけたいと思います。

Carstay・バンシェアは何がそんなにすごいの?

車中泊の駐車について現時点(2019年)では法律上の規制はないので、民泊以上に車中泊市場に見込みがあると言われています。

そのVAN泊(車中泊)の市場規模はなんと1200億円ほどと試算され、5年後には5000億円まで拡大する見込みがあります。

バンシェアやcarstayを利用した車旅行は、車を貸す人・駐車場を貸す人がお金をもらえることに加え、観光地の消費額も大きくなるので、それほどまでの市場規模に膨れ上がるわけですね。

そんな注目すべき市場であり、地域観光の活性化も見込まれているので、カーステイは『NTT東日本』『NTTル・パルク』とも提携し、車中泊スペースにおけるICT環境を整備する

これにより、車で旅をしながらリモートでも働くことができるので、会社勤めのために毎朝オフィスに出勤しなくても、VANで全国各地を回りながらも車内で働くことも実現できるそうです。

以上のことからも分かる通り、カーステイやバンシェアは単なるシェアリングエコノミーの一端ではなく、地域の活性化にも繋がり、従来の働き方を一新するといった魅力があるんです。

駐車場のチェックインの仕方

一応、カーステイで予約した宿泊場所のチェックインの仕方についても解説しておこうと思います。

カーステイに対応している駐車場には『専用の三角コーン』があるので、駐車場に到着した際にスマホでその三角コーンと車のナンバーの写真を撮ってCarstayに送信するだけ。

これだけで、泊まる事ができるみたいですね。

Carstay・バンシェアの口コミ調査

ツイッターを見てみると

インスタを見てみると

 

この投稿をInstagramで見る

 

#北海道#かなやま湖 綺麗な空気綺麗な景色🌈 家族3人と相棒のバンと #家族写真 📸🌈. #車中泊#車中泊仕様#diy#サブバッテリー #バンライフ#夫婦旅#キャンプ #フレンチブルドッグ#犬のいる暮らし#フレブル#アメ車#chevy#expressvan #日本一周#マクラメ#キャンプ場 #キャンピングカー#キャンピングカーの旅#シボレー#vanlife#vanlifejapan#キャンプ #夫婦 #旅#キャンパーバン#くるま旅#carstay#ライフスタイル 🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐 愛犬のシェビーと シェビーの名前の由来の 車シボレーを購入し夫婦で バンライフしています🤙 家引き払いました🏡👋 . 7月23日から北海道へ向けて 出発し8月3日に到着しました🙏❤️🚐 北海道一周したいです🧑🏼🤞

Chevy.K(@coast_vanlife)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

車中泊で日本一周している 仲良しクリエイターの とおるんとよしみんです。 今回は日本一周する準備で 一体いくらかかったのか? についてお答えします! 総額‥‥‥50万円!!! 私達はこのお金を手に入れるため 私達は家を引き払い 車二台、家具、家電、服などを 売りました。 それも家具、家電は1年ちょっとしか 使ってないものです。 中古の車中泊仕様のバンは 年式や方式、車種にもよりますが 200〜400万円ぐらいが 多いように感じます。 そのため安くできたのかな?と 私達は思ってます! 実際何を買ったのか? 何にいくらかかったのか? についてはYouTubeで 動画を投稿してます! プロフィール ( @everyday_festival )の下のURLからYouTube、ブログ、Twitter 私達の現在地・予定などがが見れます! またはYouTubeで 「とおるんよしみん」と検索! #旅行 #観光 #車中泊 #車中泊の旅 #vanlife #仲良し夫婦 #くるま旅 #バンライフ #仲良しクリエイター #everydayfestival #カップルフォト #モバイルハウス #日本一周 #キャラバン #日本一周中 #carstay #費用 #節約

とおるん・よしみん 車中泊で日本一周中!(@everyday_festival)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.11.30 初雪❄️ 幻想的な日本海❄️🌈 #初雪 #日本海 #rainbowaftersnow #morningsnow #sunset #carstay

yumiking(@yumiking13)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

#バンライフ #プロジェクター で #映画 を見よう🌈🎥 . #スクリーン つけて 机外して #三脚 用意して #プロジェクター 用意して 取り付けて完成🙏🧑🏼🙌 . でもwifiが入らないことに後々 気づいて辞めました🥺ぐすん #どこでもwifi を契約したので これに期待したいです🤙🧑🏼 ヤマト運輸止めにしてるので 早く取りに行かなければ🤙🌻. #車中泊#車中泊仕様#diy#サブバッテリー #バンライフ#夫婦旅#キャンプ #フレンチブルドッグ#犬のいる暮らし#フレブル#アメ車#chevy#expressvan #日本一周#マクラメ#キャンプ場 #キャンピングカー#キャンピングカーの旅#シボレー#vanlife#vanlifejapan#キャンプ#carstay#ライフスタイル #旅#キャンパーバン🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐🚐 愛犬のシェビーと シェビーの名前の由来の 車シボレーを購入し夫婦で バンライフしています🤙 家引き払いました🏡👋 . 7月23日から北海道へ向けて 出発し8月3日に到着しました🙏❤️🚐 北海道一周したいです🧑🏼🤞

Chevy.K(@coast_vanlife)がシェアした投稿 –

カーステイについて口コミなどを調べていると、本当にたくさんの投稿がありました。

正直、自分もまだまだ知らない市場だったのでこんなにも投稿されているとは思いませんでしたが、Twitterもインスタも多くの人の声が寄せられていました。

印象的だったのは、日本一周するのに総額50万円で行けることや、朝起きた時の絶景がたまらないという投稿です。

家族でVAN泊したり、1泊2日でサクッと遠出してみたりとエンジョイしている内容が多く口コミも良いものばかりです。

こちらも合わせてチェックしてみてください。↓

おすすめ動画

 

おすすめ記事

【まとめ】シェアリングエコノミーの底力を感じさせられるような超魅力的な内容

シェアリングエコノミーの底力を感じさせられるような超魅力的な内容

Carstayのビジネスモデルは、借りた車で旅に出て、旅先での遊びも予約。

その一貫した体験をシェアリングエコノミーとして提供する。

シェアリングエコノミーの底力というかポテンシャルを知る事ができるサービス内容ですよね。

それでいて、観光の商品も増えて、地域の活性化も促し、さらにNTTなどと連携する事で車の中で働くことを可能にしているのは本当にすごい。

僕も子供の頃に車中泊をした事があって、だいたい海へ行った時は車で寝泊まりしていた思い出があります。

キャンピングカーほどのガチ車ではありませんでしたが、楽しかった。

そんな車中泊が誰でも簡単に利用できるのは嬉しいです。

そして、飲食店を経営している方にとってもメリットが大きいですよね。

カーステイで駐車場を貸し出すだけで自分の土地がお金を産んでくれるわけですから、そんなプラットフォームがあるのなら利用しない手はないと思います。

全員がwin win の状況になれる内容なので、感動しました。

ぜひ、あなたも利用してみてください。

Carstay

ここまで読んでいただきありがとうございます。

記事をSNSでシェアして頂けると嬉しいです!

ホロンブログPR

この記事を読んで良かったと感じた方は上のSNSボタン⤴︎からシェアをお願いします!(ボタンを押すと簡単に共有できます。)

また、ホロンブログの記事を「お気に入りに追加」、「ブックマーク」、「ホーム画面に追加」などしていただけると嬉しいです。

ブログ認知度アップのため、応援のほどよろしくお願いします!

あなたの1クリックが励みになります

ホロンブログをシェア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA