アプリ

【Macで.txt形式のファイルを書き出す方法】記事の納品などで便利!

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法

この記事では、Macで.txt形式のファイルを書き出す方法をまとめています。ライティングの仕事をしていると、

依頼者から、.txt形式でファイルを納品してほしいと頼まれることがありますが、

.txtの形式はWindowsでしか扱えないため、どうすればいいのか分からないという方のお悩みを解決する記事になっています。

この記事を読むことで、何もアプリをインストールしなくても.txt形式のファイルをMacで書き出すことができるので、

頼まれた納品のファイルもすぐに用意することが可能ですよ。

ヘンリー
ヘンリー
Macでライティングの仕事をしてみたんだけど、.txtの形式でファイルを納品してほしいと言われて、パニクってるんだ。助けて。
ホロン
ホロン
Macでも.txtのファイルに書き出す方法はちゃんとあるから焦らなくても大丈夫だよ。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法

全体の流れをサクッと紹介!

Macで.txt形式のファイルに書き出すには「Pages」というMacに元々インストールされているアプリを使えば、

簡単にできます。

全体的な流れとしては、まず、Pagesに納品するテキストをコピペします。

それから次にPagesで.txtに書き出します。そのファイルを取引相手に納品すれば、オッケーです。

これだけなので、3分もあればできちゃいますよ。

やることはこんな感じ。

Pagesというアプリを開く

新規でファイルを作る

Pagesに納品するテキストをコピペ

.txt形式でファイルを書き出す

相手側に納品

画像付きで解説していきます!

それでは早速やってみましょう。

まずはPagesを開いてください。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法1

次に左下にある「新規書類」をクリックしてください。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法2

それから「空白」を選択してください。右下の「選択」をクリックします。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法3

次にテキストをコピペしていきたいと思います。

まずは、画面を拡大して表示させましょう。左上の緑のアイコンをクリック。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法4

するとPagesの画面はフルサイズで表示されます。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法5

次に納品したいテキストをすべてコピペしましょう。

ワードプレスなどで文章を書いた場合は、「ビジュアル」ではなく、「テキスト」の方をコピペするのがおすすめです。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法6

コピペできたら、左上にあるファイルから書き出すを選択し、標準テキストをクリックしてください。

ファイル▶︎書き出す▶︎標準テキスト

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法7

するとこのように、書類を書き出す選択が表示されるので、「次へ」をクリックしてください。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法8

次にファイルの名称を設定していきます。納品記事などと分かりやすく設定するのがおすすめです。

また注意点として、後ろの「.txt」の部分はいじらないようにしてください。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法9

次に保存する場所を設定して行くのですが、デスクトップが一番おすすめです。

デスクトップに保存すると、見つけやすいので納品するときに便利ですよ。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法10

最後に書き出すをクリックすると.txt形式のファイルを作成することができます。

これで、デスクトップにファイルが表示されてあると思うので、確認してみてください。

Macで.txt形式のファイルを書き出す方法11

そのファイルを開いてみるとこんな感じになっていると思います。

あとはこのファイルを取引相手に納品してあげれば、オッケーですよ。

まとめMacはなんでもできる

ということでMacで.txt形式のファイルを書き出す方法を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

Pagesのアプリがあればすぐにできるので、簡単でしたよね。

こんな感じで、ファイルの形式などWindowsとMacの違いによって発生する問題も、Macなら解決することができます。

インターネットを検索しても問題の解決法が見つからないようなときは、自分で色々試してみるのがおすすめですよ。

「あ、できた。」ってなることが結構あるので。