Other topics

【パルスオキシメーターとは?】正常値は?おすすめの代替品も紹介!

この記事では、パルスオキシメーターについて詳しくまとめています。

エルマー
エルマー
パルスオキシメーターってなに?
ホロン
ホロン
動脈の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合をパーセンテージで示したものと脈拍を数を測定してくれるツールだよ。これを使うことで酸素を取り込む力が落ちてないかどうか分かるんだ。

コロナウイルスの影響もあり、感染拡大を防ぐために個人単位でできることを徹底化されているご時世。

そんな中、パルスオキシメーターというツールを聞いたことがありませんか?
(ちなみにパルスオキシメーターの数値ではコロナの感染判断はできないようのでご注意ください。)

でも、パルスオキシメーターと言われても普通の方であればピンときませんよね。

「なにそれ?難しそう。。。」みたいな印象を持たれると思います。

そこで今回は、注目の商品パルスオキシメーターについて分かりやすく特集してみました。

また、パルスオキシメーターに取って代わる安く購入可能な商品も後ほど紹介致しますので自宅で気軽に試してみたいという方はぜひ参考にしてみてください!

パルスオキシメーターとは?

パルスオキシメーターについて、権威あるサイト2つから引用させて頂くと次のような説明書きがありました。

コニカミノルタ株式会社

パルスオキシメーター(pulse oximeter)は、動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を採血することなく、指先などに光をあてることによって測定する装置で、病院の手術室や集中治療室、内科、呼吸器科、循環器科の外来・病棟などで、幅広く使用されています。
現在主流となっている指先で測定するパルスオキシメーターは、コニカミノルタが1977年に世界に先駆けて開発しました。その後も40年以上にわたり小型・軽量化を追求し、現在は測定・計算・表示を一体化した高品質なフィンガータイプを医療の現場に提供しています。また、近年は医療機関内だけでなく、往診や訪問看護での使用、さらには慢性呼吸器疾患患者の自己管理、高齢者の家庭での体調管理のための使用も加わり、幅広い用途で高い評価を得ています。

引用:https://www.konicaminolta.com/jp-ja/newsroom/topics/2020/0424-01-01.html

日本呼吸器学会

皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。赤い光の出る装置(プローブ)を指にはさむことで測定します。
肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。酸素飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮膚を通して(経皮的に)調べた値です。プローブにある受光部センサーが、拍動する動脈の血流を検知し、光の吸収値からSpO2を計算し表示します。

引用:https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=139

長文で書かれると難しく感じますが、重要なポイントは結構シンプル。

パルスオキシメーターについて、かなり要点を絞るとこん感じです。

ポイント

1、動脈の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合をパーセンテージで示したものと脈拍を数を測定してくれる。

(動脈血酸素飽和度(SpO2)は動脈の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合をパーセンテージで示したもの)

2、指に挟むだけでOK

3、正常であればその結合の割合は96~99%

4、90%以下の場合は注意

5、SpO2の数値が低いと酸素を取り込む力が落ちているというサイン

このようにパルスオキシメーターを使うことで、SpO2の数値を把握することができ、つまりは体に酸素を取り込む力が落ちてないかを確認することができるんですね。

これが肺や心臓の病気を患っていると数値が低下するため、体調管理の指標と重要な意味を持っています。

いや〜指を入れるだけで、ここまで測定できるってすごいですね。

パルスオキシメーターの正常値はいくら?

パルスオキシメーター(SpO2)の正常値ですが、先ほども解説した通り、96~99%が正常と言われているようです。

ただし、⤵︎⤵︎

測定値のもつ意味はその人の状態やかかっている病気によっても異なるため、測定値の判断は主治医など医療専門の方の指導を仰ぐことをお勧めします。

引用:https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=139

確かに、ちゃんと測定したいなら素人が正常値かどうか判断するよりもお医者さんにちゃんと診てもらったほうが良さそうですね。

まぁ自宅でパルスオキシメーターを使う際には96~99%っていうのが目安になるようなのでぜひ参考にしてみてください。

パルスオキシメーターよりも安いおすすめの代替品紹介!

パルスオキシメーターよりも安いおすすめの代替品紹介!

さて、ここまでパルスオキシメーターについて詳しく解説してきました。

健康志向が高くなってきているので、パルスオキシメーターを購入したいと思っている方もいらっしゃると思います。

ですが、日本製の医療機器認証品になると結構な値段になるんですね。

相場で8,000円ぐらいと言ったところでしょうか。

また、高いものなら約2万円近い商品もあります。

そんな高額な日本製のパルスオキシメーターに代わって数千円で購入できるのがこれから紹介させて頂く『オキシヘルパー』です。

詳細はこちらをどうぞ!

\今すぐCheck!/

詳細ページ

自宅で簡単!

代替商品

パルスオキシメーターとオキシヘルパーの違い

オキシヘルパー

オキシヘルパーはパルスオキシメーターのように血中濃度酸素を測ることが出来るウェルネス機器です。

ワンタッチで簡単に操作でき、指を指定の場所に入れるだけなので測定も楽。

パルスオキシメーターは本格的な医療機器ですが、オキシヘルパーは自宅で気軽に使うことが出来るウェルネス機器になっているんですね。

測定の精度などは確かに違うと思いますが、できることはパルスオキシメーターと同じなので、体調管理を気軽に始めてみたい方などにおすすめの商品です。

オキシヘルパーの魅力→値段の安さ!

オキシヘルパーの魅力

そんなオキシヘルパーの魅力はやはり値段の安さです。

本格的なパルスオキシメーターの2分の1以下の価格で購入することができるので、費用を節約したい方などにオキシヘルパーはおすすめできます。

ちなみにオキシヘルパーにも色々な種類がありますが、こちらの商品は機能性が高い上値段もリーズナブルなので、ぜひチェックしてみてください!

\楽天で購入可能!/
商品ページ

気軽に始められる体調管理!

こちらも要チェック!

まとめ

まとめ

ということで今回は「パルスオキシメーターとは?」について詳しく特集してみました。

また、安く購入でき気軽に使い始めることができるオキシヘルパーについても紹介しました。

日頃の体調管理が重要なのは言うまでもないと思います。

ただ、面倒なことを毎日するのは気が引けますよね。

そんな時に今回紹介したオキシヘルパーを使ってあげることで、手間なく簡単に体調管理ができるのでとても便利。

値段も安く1家に1台あれば十分なので、ぜひこの機会におためしください。

\今すぐCheck!/

詳細ページ

自宅で簡単!

まとめ
【ブログランキング挑戦】お力を貸してください!

この記事を読んで良かったと感じた方は下記のボタンをクリックして投票して頂けると嬉しいです!

ボタンを押してサイトに移動するだけなのでポチッとよろしくお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログ記事を多くの人に届けるためにも、力を貸してください!