アプリ

楽天カード発行までの流れ・申し込みの手順をまとめたよ!

楽天カード発行の流れと申し込みの手順まとめ

この記事では、楽天カードの発行のやり方・流れ・申し込みの手順を画像で分かりやすくまとめてみました。

これから楽天カードを発行しようと思っている方は、この記事を見ながらに申し込みを進めていってみて下さい。

エルマー
エルマー
インターネットでカード発行なんてしたことないから、不安だよ。
ホロン
ホロン
じゃあ、一緒に進めていこうか。ゆっくり慎重に登録していってね。

楽天カード発行までの流れ

楽天カード発行までの流れ

楽天カードの発行までの流れはこのようになっています。

まずはオンラインで申し込みをします。楽天カード発行のサイトがあるのでそこから誰でも申し込みが可能です。

次に楽天側で審査されます。基本的に審査は厳しくなく、誰でもカードを発行できると言われているくらいなので、心配することはありません。

次に登録した電話番号が本人のものかどうか確認するために楽天から電話がかかってきます僕の場合は申し込みをした次の日の晩に電話がかかってきました。

確認ができたら、審査結果が報告されます。メールで審査結果が届きます。このメールもすぐに送られてきます。

1日もかからないくらいでしょう。

最後にカードが送られてきます。通常1週間程度で送られてくるので、楽しみに待っておきましょう。

楽天カード発行のおおよその流れはこのようになっています。

分かりやすいですね。

楽天カード発行の流れは5ステップ

・インターネットで申し込む

・審査される

・電話で本人確認される

・メールで審査結果が送られてくる

・カードが家に届く

楽天カード発行の手順、申し込みの方法解説!

ここからは実際に申し込んでいく手順をまとめていきたいと思います。

初めてクレジットカードを発行する人なんかは、どのようなことをするのか分からず不安ですよね。

そんな方のために一つずつ画像を交えて、解説していきたいと思います。

楽天カード発行1

まずは楽天カード発行のページにいきましょう。

楽天カード申し込みページ

スマホで登録するなら「Safari」や「GoogleChrom」でこの記事とは別に開いて表示させるのがおすすめです。

開いたら、楽天カードの申し込みをします。楽天の会員の方は赤いボタンをタップして下さい。

楽天会員ではない方は登録してから(すぐに登録できます)再びこの記事を読んでみて下さい!

今回はカード発行がメインなので、会員の登録方法は割愛させていただきます。

楽天カード発行デザイン選び

次に楽天カードを選択します。楽天ゴールドカードは年会費がかかるので気をつけて下さい。

ブランド選択について(おすすめはVisa)

楽天カード発行の際のブランド選び

楽天カードの申し込みで最初に決めるのがカードのブランドです。

ブランドでは「MasterCard」、「American Express」、「Visa」、「JCB」の4種類を選択することができます。

一番おすすめは「Visa」です。理由は世界各国で使うことができるためです。このブランドの中では、Visaが一番利用できる国が多いです。

JCBのブランドを選ぶとディズニーのデザインをしたカードにすることができますが、

カードのデザインにこだわらない方は「Visa」がおすすめですよ!

デザイン選択について(おすすめは通常デザイン)

楽天カードのデザインを選択

次に楽天カードのデザインを選択します。Visaの場合は選べるデザインが少ないですが、デザインをこだわっていない方は通常デザインがおすすめですよ。

個人情報を記入

ここからは個人情報を記入していきます。

記入する量が結構多いので、丁寧に、焦らず入力してみて下さいね。

記入する項目は、

・氏名

・氏名(ローマ字)

・生年月日

・電話番号(携帯がおすすめ)

・メールアドレス

・家族構成について(独身、既婚、家族が一緒に住んでいるかなど)

・世帯人数(何人一緒に住んでいるか。)

・居住状況(家を持っているかどうか。)

・居住年数

・住宅ローンもしくは家賃の支払いについて

・勤務先・学校について

・収入について

・税込年収

・世帯年収

・預貯金額

・請求書送付先

 

などがあります。記入する際には、偽りの情報を書かないように正しい情報を入力しましょう。

先ほども言いましたが、審査は厳しくないので、嘘をつく必要は全くありません。

逆に嘘をつくと信用を失うので、楽天カードを使えなくなる恐れがあります。正しい情報を記入して下さいね。

学生の方は、年収など考えたことがないかもしれませんね。

バイトをしている方は月にどれぐらい稼いでいるか思い出して、その金額を12倍すれば大体の年収が出てきますね。

例えば、バイトで月3万円稼いでいる人は年収にすると3×12=36万円ですね。

ざっくりで大丈夫ですよ。

楽天からのお知らせメール

「楽天カード・ポイントのお知らせ」は受け取るに設定しておくのがおすすめです。

後からメールは配信停止にすることができるので、最初の頃はメールでどのような内容のお知らせが来るのか把握しておくのがいいと思います。

自分に必要ないと感じたら配信停止にして下さいね。

楽天カードのリボ払い

楽天カードでは、リボサービスを受けることができます。これは毎月3000円からカードに貯まり、お店で使うことができるお金なんですけど、

このサービスはお金の把握がしにくくなるので申し込まないほうがおすすめです。もしもコンビニ等でちょっとした買い物を毎日していて、時間を節約したいというような方は申し込んでもいいと思いますが、

特に必要としない方は、お金を無駄にしないためにも申し込まない方がいいと思いますよ。

楽天カード発行時のキャッシングについて

キャッシングというのはその名の通り、お金を借りるということです。金額は50万円から5万円まで選択することができるのですが、

50万円を希望すると審査が厳しくなるので注意してください。

お金を借りる予定がない人は、一番最低額の5万円に設定しておきましょう。

楽天カード Edy機能

Edy機能というのは、誰もが一度は聞いたことがある「電子マネー」です。

ローソンやファミマなどで使うことができ、レジの際にカードだけでお会計を済ますことができます。

そんな便利なEdy機能をつけると500円のポイントがもらえますし、損のない機能なので付けておくことをおすすめします。

楽天カードEdyオートチャージ機能

エディのオートチャージ機能では、残高が設定額を下回ると自動的にチャージされるようになります。

こちらも便利な機能ではありますが、お金の把握がしにくくなるので、おすすめしません。

コンビニ等で毎日買い物するならなおさら、消費額をきちんと把握して節約した方がいいと思うので、申し込まない方がいいと思います。

しかし、少しでも手間を省きたい方や節約などしなくても余裕がある方はつけておくと便利ですよ!

楽天カード発行5

Edyのお知らせですが、申し込んでいない人は必要ないと思うので「受け取らない」にチェックします。

Edy機能を申し込んだ方は、お知らせを受け取っておくと、お得な情報が入ってきますよ!

楽天カードの暗証番号設定

楽天カードの暗証番号設定、一番大事な設定ですね。

暗証番号を設定したら忘れないようにすぐにメモしておきましょう。メモするときにおすすめなのが、まず紙に暗証番号をメモして引き出しなどにしまっておきます。

次に、暗証番号が書かれた紙をしまった場所をスマホにメモしておきます。

または、スマホのアプリで暗証番号を保管するのもありですよ!

 

ここまで入力できたら一度、入力ミスをしてないか確認して次に進みましょう。

楽天カード発行6

次のページに進むと、まずは「勤務先」、「学校」などの情報を入力していきましょう。

学生の方は卒業予定年月が分かりづらいと思いますが、間違えないように入力してください。

入力できたら、次に進みます。すると確認画面に切り替わるので、もう一度間違ってないかどうか確認しましょう。

楽天カード発行の手順6

確認ページから進むとこの画面になります。

「e-NAVI」のサービスは、会員のみの特別なキャンペーンを受けることができたり、毎月の利用額を確認することができるサービスです。

僕はお知らせのメールが届くのが煩わしく感じたので、設定しませんでしたが、ここはどちらでもいいと思うので、

キャンペーンを積極的に受けていきたい方は設定しておくといいと思います。

楽天カード発行手順7

最後に「利用規約に同意」をします。

これで楽天カード発行の申し込みは終わりです。

お疲れ様でした。

楽天カード発行手順8

楽天カード発行の申し込みを終えると、このような画面に切り替わると思います。

必要があれば、新規入会特典2000ポイントの受け取り方を確認しておきましょう。

必要がなければ下にスクロールしてください。

楽天カード発行手順9

下にスクロールしていくとカードの申し込み受付IDが表示されてあるのでスクリーンショットなどで控えておきましょう。

また、発行状況照会画面もありますよ。

楽天カード発行のやり方4

一通り楽天カード発行の申し込みが済んだら、楽天銀行口座も開設しておくと便利ですよ。

楽天カードを利用する上で、ポイントなどの特典がつきやすいのでお得です。

楽天カードを発行した後は配達に注意!

僕は佐川の受取人確認サポートで最悪な事態が起こりました!

僕は、クレジットカードの配達で一度自宅の前で受け取ろうとしたのですが、パスポートや運転免許証、個人番号カード(番号だけではダメみたいです。)を持っていなかったため、(保険証はあったのですが、それではダメだと言われました。)

引き渡してもらえないという事態が起こりました。

目の前に佐川の配達人がいて、楽天カードはすぐそこにあるにもかかわらず、カードを受け取ることができなかったんです。

クレジットカードの配達においてそんな煩わしい手間がかかるのか(特に佐川の受取人確認サポート)と思いましたが、それからが大変でした。

まず、受け取れなかった楽天カードは依頼主(楽天)に返送するといわれ、どうしようもなかった僕は、腹が立ちつつも拒否することができませんでした。

そして、次にサポートセンターに連絡して、これらの趣旨を全て話し、配送方法を変更してもらうことにしました。

サポートセンターの方は丁寧に対応してくれて、日本郵便の「本人限定受取郵便」という配送方法に変更していただきました。

この「本人限定受取郵便」なら保険証だけでも受け取ることができます。配送方法はうまく変更してもらえたとしても一度返送してから

再発送するまでの時間が長くて、待ちくたびれました。泣

ちなみに、楽天カードを発行すると普通1週間で受け取ることができますが、僕のようにカードを上手く受け取れなかった場合は、約1ヶ月かかりました。

受け取ることができたので良かったですが、長かったです。

僕みたいに大変な思いをしないためには、以下↓のような対策をしておくといいですよ!

配送される前に電話して配送方法を変更しておくべき!

もしもパスポートや免許証、マイナンバーカードを持っていない方は、配達される前にあらかじめサポートセンターに電話し、

佐川の受取人確認サポート以外の方法で配送してもらうようにしてくださいね。

詳しく知りたい方はこの記事をご覧ください↓

このままじゃ受取れない!?「楽天カード」の配送会社を変更する方法について

銀行口座開設をカード発行と同時に申し込むと簡易書留で届く

これは、楽天カードを申し込んだ後で分かったことなんですけど、楽天カードを発行する際に楽天銀行口座も一緒に開設して申し込むと、

それが本人確認になるため配達でわざわざ本人確認をする手間がかかりません。

そして、楽天カードと一緒に楽天銀行口座も申し込んだ場合配送方法は日本郵便の「簡易書留」になるので、一番受取が楽なんです。

最初から楽天銀行も発行しておけば良かったといまでは後悔しています。

どうせ、楽天銀行も利用する予定でしたから。

なので僕と同じように、パスポートやマイナンバーカードや免許証などを持っていない方は、楽天カードを発行すると同時に銀行口座も作っておくことをおすすめします。

もしも再発送になってしまった時は?

僕と同じようにもしも、本人確認書類が不揃いで楽天カードを受け取ることができなかった時は、

まず、再発送してもらうために楽天のサポートセンターに電話します。電話では、楽天カードが受け取れなかったので再発送してほしいという趣旨を伝えてください。

この時に配送方法を変えてもらうことを忘れないようにしましょう。おそらく日本郵便の「本人限定受取郵便」なると思います。

次に、日本郵便の配送に変更してもらった時は、受け取る際に保険証が必要なので用意しておきます。裏面に自分の住んでいる住所と同じ住所が書かれていることを確認しましょう。

日本郵便の本人限定受取郵便では、家にハガキがくるんですけど、自分で配達してもらう曜日や時間帯を決めて、最寄りの郵便局に電話もしくはFAXを送る必要があります。

うまく連絡を取ることができたら、日本郵便局の方が届けに来られますので、安心してください。

長々と書いてしまい申し訳ありませんでした。自分の苦労を文章にするとこんなにも大変だったのかということが身にしみました。

最初から楽天銀行口座を開設しておけばこんな大変な思いをしないで済んだのに。

僕がこの1連の流れを終えて楽天カードを受け取るまでに1ヶ月かかりました。

学生は楽天カードアカデミーが利用できます。

学生の方は楽天カードアカデミーというサービスを受けることができるので、こちらから調べてみてくださいね。

楽天カードアカデミーについて詳しく知りたい方はこちら!

楽天カードアカデミーのサービスを簡単に説明すると、楽天のネットショッピングでもらえるポイントが多くなったり、

楽天ブックスや楽天トラベルを利用した時にもらえるポイントが多くなります。

また、学割などもあるので学生の方はおすすめのサービスですよ!

楽天カードが使えるお店

楽天カードが使えるお店

 

楽天カードが使えるお店は上の画像に書かれてあるお店です。これら全てで楽天カードを使うことができます。他にもたくさん使えるお店があります。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!↓

楽天カードが使えるお店

また、これからどんどん楽天と提携するお店が増えていくので、楽天カードが使えるお店は増えていきますよ!

楽天カードが使えるお店

杏林堂

・B&Dドラッグストア

・串屋物語

・コスモ石油

・DailyYAMAZAKI

・Right-on.

・マクドナルド

・IDEMITSU

・KYGNUS

・つるやゴルフ

・ジョーシン

・ビックカメラ

・ツルハドラッグ

・くすりの福太郎

・wellness

・wants

・レディ

・ダイコクドラッグ

・くら寿司

・mister Donut

・温野菜しゃぶしゃぶ

・PRONTO

・トマトアンドオニオン

・まいどおおきに食堂

・ポプラ

・KOMEHYO

・KONAKA

・coen

・DAIMARU

・Matsuzakaya

他にもまだまだたくさんあります。

楽天クレジットカードの使い方

楽天カードにはクレジットカードポイントカード電子マネーとして使うことができるのですが、ここでは、クレジットカードとしての使い方を紹介させて頂きます。

楽天カードの使い方は簡単で精算前にレジでカードを提示して支払うだけです。

その際に暗証番号が必要です。暗証番号は、楽天カードを発行する際に申し込みで入力しましたよね。

クレジットカード機能で支払うと、ご存知の通り、後から口座からお金が引き落とされます。つまり後払いですね

クレジットカードとして、楽天カードを使う場合は、口座の預金を確認しながら慎重に使ってください。

楽天Edyの使えるお店

楽天Edyでは、全国55万カ所以上のコンビニ・カフェ・自販機などで使うことができます。

使えるお店はこんな感じです。

・ローソン

・セブンイレブン

・マクドナルド

・マツモトキヨシ

・ツルハドラッグ

・ブックオフ

・コカコーラ

・モスバーガー

・ミニストップ

・紀伊國屋書店

 :

他にもまだたくさんあります。

さらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!↓

楽天Edyが使えるお店

楽天Edyの使い方

楽天Edyでは、先ほどの楽天カードと同じように、精算前のレジでカードを提示して使うのですが、

楽天カードで支払う時との違いは、暗証番号を入力しなくていいということです。

なので、楽天カードで支払うよりも早くお会計をすませる事ができます。

楽天Edyはこの支払いの早さが特徴で、いわゆる電子マネーとして使われるんです。

だからコンビニやカフェ、自販機などの早く会計をすませたい場所で利用できるのですね。

楽天カードを使うメリット

楽天カードにはクレジットカードとしての役割の他に、ポイントカードとして使うことができますし、電子マネーとしても使うことができます。

5000円分のポイントがもらえる!

楽天カードが届いてから、一度楽天のポイントを使って支払いすると、3000円分の楽天ポイントがもらえます。

そして、会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」で2000ポイントもらえるので、合計すると5000円分のポイントがもらえます。

このもらえるポイントですが、楽天の経営状況が良いときには、8000ポイントになったりするので、もらえるポイントなんかもどれくらいか調べてみてくださいね。

楽天のもらえるポイント数を確認する

100円で1ポイント(1円分)貯まる

楽天カードを使って決済を行うと、100円ごとに1ポイントもらうことができます。

楽天では1ポイント1円の価値があるのでお得ですよね。

また、楽天カードを使えるお店はたくさんあるので、楽天と提携しているお店で買い物すれば、毎回ポイントをゲットできます。

長期的にみればかなりのポイントを貯めることができるので、お得ですね。

クーポンがもらえる

楽天カードのメリット1

楽天カードを使っていると、定期的にお得なクーポンがもらえます。

例えば上の画像をご覧ください。

これは、じゅうじゅうカルビのクーポンです。楽天カードで支払う際にこのクーポンを利用する事ができ、

なんと1010円も安くなります。

このようなクーポンはメールで送られてくるので、わざわざ何か応募したりする必要もないのが魅力的です。

いろいろなキャンペーンを利用できる

楽天カードを使うメリット2

またこのように楽天のキャンペーンを利用することができます。

例えば上のキャンペーンはみんな大好きなマクドナルドで楽天のカードを提示して支払うだけで、

10000人に390ポイントがプレゼントされるので、当たれば、ビッグマックを無料で食べることができます。

エントリーすれば誰でも利用できるのがいいですね。

楽天カードのお得な使い方についてはこの記事がとても分かりやすかったです!↓

楽天カード発行のやり方まとめ

僕はクレジットカードを今までに発行したことがなかったのですが、楽天カードを発行して初めてクレジットカードを所有しました。

インターネットを使って簡単に申し込むことができましたし、お得に利用することができているので、満足しています。

また5000円分のポイントももらうことができましたし、クーポンやキャンペーンなんかも魅力的でした。

最近は自販機でEdyを使ったりしていて、自分がキャッシュレス化し社会に適応しているのを感じてます。

これから先、現金が不要になってくる社会に自分も仲間入りできたのは嬉しく思います。

もしまだ楽天カードを持ってないなら、ぜひ発行してみてくださいね!お得ですよ。

 

楽天おすすめ記事↓

ジャリン!お小遣いがスマホ1つで鬼稼げる!【超優秀】1万円は余裕

『モッピー』を使えば誰でも簡単にお小遣い稼ぎができます。スマホ一つあれば暇なときにチャリンと稼げるんです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーでお小遣いを稼ぐ方法↓

  1. アプリをスマホにインストールしまくる
  2. ネットショッピングでポイントが還元される
  3. クレジットカードの発行で1万円以上も速攻ゲット
  4. その他オリジナルゲームでもお小遣い稼ぎ可能

国内最大級のポイントサイト「モッピー」で貯めたポイントは口座の現金としても振り込めますし、iTunesギフトコードとしてゲームの課金にも使えます。

また、Amazonポイントや楽天ポイントのようなネットショッピングのポイントにも交換できます。

誰でも気軽にお小遣いをガッツリ稼げちゃうのがモッピー。

今なら期間限定のキャンペーン中で、1000円分のポイントがもらえます。お早めに。

→モッピーに登録して1000円分のポイントをもらおう!

\60秒で完了します!/

無料登録する!

今なら条件クリアで1000P(1000円分)もらえる!