ネットビジネスでお金稼ぎ

【ライティングで稼ぐ方法】仕事内容すべて公開します。初心者必見!

初心者必見!ライティングで稼ぐ方法

この記事では、ライティングで稼ぐ方法をまとめています。

ライティングとはどんな仕事なのか?どのような場所から仕事を受注するのか?ライティングの仕事のメリットやデメリット、魅力は何なのか?

それから実際に稼ぐことができるのか?また難易度はどれくらいなのか?

実際にライティングでお金を稼いでいる僕が詳しく、分かりやすく解説していきたいと思います。

ヘンリー
ヘンリー
ライティングの仕事ってどんなことをするの?それからどれくらい稼げるのかなぁ?
ホロン
ホロン
ライティングの仕事はブログの記事を作成したり、記事のテキストを納品したりする仕事だよ。大体1文字1円が相場になってて、稼ぎやすいのが特徴的だね。

ライティングで稼ぐ方法

ライティングで稼ぐ方法1

ライティングで稼ぐには基本的に、記事の作成依頼を引き受け、文章を書き、テキストを納品し、

お金をもらいます。この時、ブログの記事作成が一般的で、個人のブログやサイトの記事を書いて行くのですが、

記事作成1つあたりでお金をもらえる仕事から、毎月決まった数の記事数を納品しお金をもらえる仕事、それから文章の文字数(ボリューム)に応じてもらえるお金が多くなる仕事など

稼ぎ方は様々です。詳しい稼ぎ方については後ほど紹介させていただきます。

とにかく、ライティングという仕事では、文章を書き、記事を作成しお金をもらうというシンプルな業務内容なので、

比較的、経験したことがないような初心者の方でも気軽に始めることができます。

ライティングって何するの?

ライティングの仕事内容

ライティングと言っても、文章を書くだけの仕事ではありません。

例えば、ブログの記事を書いて欲しいという依頼で、おすすめの本を紹介する記事作成だったとします。

まず、記事の構成をざっくりと考えて、どのような本を紹介するか、その本のジャンルや特徴などをまとめていきます。

記事を作成するとなると見出しというタグをつける必要があり、例えば、大きい見出しだったら見出し2(h2)を使い、小見出しだったら見出し3(h3)を使ったりします。

それから、その記事が検索されるようなタイトルを決めたりしていきます。

それから直接ブログに書くタイプの依頼(直接ブログに入稿タイプ)だと画像を用意して、記事が見やすくなるように工夫したり、

テキスト(文章)の装飾を施したりする必要がありますし、ディスクリプションと呼ばれる検索されたときに記事の大まかな概要を説明する文章を書いたりします。

このような感じで、ライティングでは、ブログもしくはサイトの記事を作成する仕事だと思っていただければ良いかと思います。

めちゃくちゃ詳しい仕事内容の一例

ライティングの仕事内容の例

先ほどはざっくりとした仕事内容を紹介したので、まだライティングの仕事内容がよく分かっていない方も多いと思います。

そこでめちゃくちゃ詳しい仕事内容を僕のこれまでの経験から一例としてピックアップしてみたいと思います。

まず、ライティングで稼ぐには何かしらのプラットフォームやサービスから仕事をもらってこなければなりません。

そこで今回僕が利用したのが「ココナラ」というサービスです。今かなり熱いですよね。

まず、ココナラでライティング(記事作成)のサービスを販売します。すると直接、記事を作成して欲しいお客様(ココナラのユーザー)からメッセージがきて、

〇〇についての記事を2000字で作成して欲しいというような依頼がきます。

それに承諾し、取引を進めていくのですが、ブログで直接入稿してほしいか、それともテキストだけの納品でいいのかサービス購入者(お客様)に聞きます。

テキストだけで良いと言われたので、自分の使っているブログ(ワードプレス)で文章を書き、記事を作成していきます。

記事が書き終わったら、そのテキストをファイルにして、納品します。ファイルにする際には相手側から指定があるかもしれませんが、

基本的に.txtという形式のファイルにするんですけど、これはWindowsでもMacでも書き出すことはできるので、パソコンさえあれば心配ないです。

また、ココナラなら直接取引ページでテキストをコピペして貼り付けて納品することも可能です。

次に相手に記事の仕上がりを確認してもらい、修正ポイントがあれば指摘してもらいます。

修正の指示に合わせて記事を書き直し(有料オプションにするとさらに稼げます。)、再納品します。

相手が納得いく仕上がりになり、取引が無事に終了したら、ココナラから売上が反映されます。

ココナラでライティングするならこんな感じの流れになるのですが、クラウドワークスなどで仕事を引き受けると少し違ってくると思います。

とはいえ、記事作成から納品、修正の流れは同じなので、仕事内容の一例として参考程度になると思います。

ライティングで稼ぐことのメリット

ライティングのメリット

環境さえ整っていればどこでも仕事できる

ライティングは文章作成もしくは、記事作成がメインの仕事なので、インターネット環境が整っていれば、

どこででも仕事することが可能です。なので、自宅で仕事をしなくても、おしゃれなカフェや図書館などでも作業することは可能です。

また、WiFiの環境があれば、どこでも仕事できます。

また、なんなら文章を書くことだけなら、スマホ1台あれば、できてしまいます。納品する際にはパソコンを利用するという形で仕事することもできます。

このように、自分の好きな場所で仕事できるのはライティングの魅力の一つですね。

そこまで難しくない

ライティングは難しい計算や専門的な知識がいらないので、そこまで難しくありません。

そのため、気軽に始めることができます。

また、自分の好きな分野だったら知識がすでにあると思うので、仕事を受注するときに、自分のかけそうな記事作成の仕事を取るのがおすすめです。

また、初めは記事作成が1000文字でも難しく感じるかもしれませんが、慣れてくれば、2000文字ぐらいの記事ならすぐに書くことができるようになります。

僕だったら、2000文字ぐらいなら30分あれば書けます。

もし、1文字1円で販売し、2000文字作成の記事が売れて30分で完結できるようになったら、費用対効果が素晴らしいですよね。

慣れてしまえば美味しい仕事になるわけです。

1文字1円が相場

先ほど少しだけ触れましたが、1文字1円でライティングの仕事を募集しているのが一般的です。

この金額については、人によって価値観が違うと思いますが、僕は高めだと思います。

シンプルに考えてみてください。

例えば、おすすめ映画5選というような記事の作成の仕事を1文字1円で引き受けたとして、記事の中に「この映画はめちゃくちゃ面白いです。」(17文字)と書いただけで、17円分もらうことができるわけです。

「この映画はめちゃくちゃ面白いです。」

こんな小学生の感想のような文章でも17円の価値に変わるんですよ。

まぁ、上の例はあくまでも例えの一部で、仕事を引き受ける時は基本的に、「1000円払うので1,000文字の記事を作成してください。」というような内容で取引します。

ライティングで稼ぐことのデメリット

ライティングのデメリット

慣れるまでは難しく感じるかも

慣れるまでは難しく感じてしまうと思います。どんな仕事でも最初は難しく感じますよね。

僕も最初は、1000文字の文章を書くのに1時間くらいかかっていて、難しいとは思いませんでしたが、

なんていうか、誤字脱字があるし、文章構成がおかしいし、読みにくい文章しか書くことができませんでした。

とはいえ、仕事なんてどれもそういうものですので、時間をかけて、ちょっとずつ慣れて行けば、

良質な文章を書いていくことができます。

最初は時間がかかる

次にあげられるのが、最初は時間がかかるということですね。

やはり、ライティングに慣れていない人は1000文字の記事を作成するのに、1時間以上かかると思います。

時給で1時間1000円ぐらいなので、バイトと同じように感じてしまうかもしれません。

そうするとモチベーションが下がり、わざわざ副業でライティングをやる意味があるのかと自問自答してしまいます。

でも、ライティングをすることで身につくスキルがあるので、たとえ最初はお金を思うように稼ぐことができないとしてもやる価値は十分にありますよ。

とにかく、始めてみたことはすぐに辞めるのではなくて、少しずつでもいいから継続するのが大切ですよ。

ライティングの魅力

ライティングの魅力

他の仕事にも好影響がある

ライティングの仕事をすることで、他の仕事にも良い影響が出るようになります。

例えば、文章のライティングスキルは、職場でのやり取りや外注などの依頼の際に、相手に分かりやすく伝えることができるようになります。

これは、文章の構成能力と、相手に分かりやすい用語・言葉選びが自然とできるようになるためです。

これは一例であって、伝えること以外にも様々な面で好影響があります。

集中力がアップする

ライティングの仕事をしていると集中力がアップします。これは、ゲームをするときと同じ感覚で、パソコンに面と向かって、

ひたすら作業するわけですので、集中力がアップするのは自然的なことです。

僕も2年間ずっと記事を書き続けてきたので、今なら平気で6時間くらいの作業を休憩せずにすることができます。これはやはり、集中力がアップしているからでしょうね。

ブログなどの副業のスキルにもなる

最も魅力的なのがブログなどの副業のスキルにもなるということです。

今までは記事作成の依頼を受けて他のブログやサイトの記事の作成を手伝ってきたと思いますが、

文章の書き方や記事作成のやり方が分かるようになると自分のブログに良質なコンテンツ(記事)を増やすことができるようになります。

そうすれば、ライティングの仕事からブログの仕事が増え、どんどん収益アップを見込めるでしょう。

仕事がもらえる場所について

仕事をもらってくる場所

ココナラ

ココナラでライティングもしくは記事作成のサービスを販売すると結構売れます。

特にココナラにおいては、出品者が主導という形式でサービスを販売することができるので、

通常の相場から値段を安くして、売れ行きを伸ばしたり、人気のサービスになってきたら、料金を引き上げてみたり、

また有料オプションを追加して、サービス自体は安く見えるけど、十分なサービスを得るには料金がかかるような形態にすることなど、

自分の思った通りのサービスを販売することができます。

ユーザーが多く、ライターを求めている人も多いので、定期的に仕事をもらうことができます。

クラウドワークス

クラウドワークスはライターを募集しているユーザーに、応募して、仕事を始めます。

クラウドワークスの場合は結構細かい部分まで、記事の作成のやり方が指定されている場合が多く、

ランキング系の記事を求められる場合が多いです。また、記事の料金は1文字1円以下のものもあるので、注意が必要です。

しかし、記事の書き方の勉強になる上、望めば欲しい時に仕事がもらえるので、いつでもお金を稼ぐことができるというメリットがあります。

稼げる金額が少なくてもいいから勉強がてら挑戦してみたいという方はクラウドワークスで確実に仕事をもらうのがおすすめです。

自身のブログ

ライティングで様々な人から仕事を引き受け、それなりに記事の書き方や文章作成スキルが身についたら、自分のブログでどんどん記事を書いていきましょう。

自分のブログで記事を書くことのメリットとして、資産にすることができるという点があります。

またデメリットですが、自身のブログで記事を書いたとしても稼ぐまでには時間がかかるので、最初の1年間は記事を書いてもあまり収益を期待できません。

しかし、長期的に記事を書いていけば、記事の書き方が上手になってきますし、SEOの知識も身につくので、自分のブログで記事を書くことは並行して行っておくのがおすすめです。

企業から依頼が来ることも!

それから、ライター・ブロガーとして活動していれば、企業から依頼がくることがあります。

依頼の内容は一概にこれと断定することができませんが、記事作成の依頼が多いと思います。

例えば、「このお店についてブログで紹介してください。」というようなものや、「この商品について紹介記事を書いてください。」というような内容ですね。

企業からの依頼は、かなり稼ぐことができます。ライター・ブロガーとしてある程度の認知度とスキルが認められれば、ボーナスのような感じで、

企業からの依頼が舞い降りてくることもあるので、最初は自分のできる仕事をコツコツ取り組んでみてください。




ライティングで求められるスキル

ライティングに必要なスキル

ライティングで求められるスキルですが、それほどハイレベルなスキルが必要というわけではありません。

最低限必要なスキルを紹介しておきたいと思います。

文章が書ければOK

ライティングは文章が書ければ、誰でもできます。読み書きなんて日本人なら誰でもできると思うので、

基本的に気軽に挑戦していただける仕事なのですが、

まだライティングの仕事をしたことがない方は、自分は文章なんて書けない。と思い込んでいるかもしれません。

それは勿体無いですよ。仕事はどの分野でもそうですが、最初はできるか不安に感じますし、

最初から能力がある人なんていません。経験を積んでいって、ようやく良い記事が書けるようになってきます。

文章能力は書けば書くほど身につくので焦らないで大丈夫です。

とにかく、まず仕事を引き受けてやってみることが大切ですよ。一度こなしてしまえば、以外と簡単だった。というような結論に至るかもしれません。

読者が読みやすいような言葉選び

それから必要なスキルとして読者目線になれると良いですね。

自分がもしも、記事を読む立場にいるとして、どのような言葉選びでどのような文章を書けば、見やすいのかそれを考えることができ、

記事に反映させることができるスキルがあると良いでしょう。

ライティングの仕事といっても記事を作成してハイ終わり。というわけではなく、読者に喜ばれる内容で、

さらに有益な記事を生み出していけた方が良い評価がもらえます。

ということで、まずは自分の書いた記事を俯瞰して、読みやすいかどうか確認する作業を仕事の一環に入れていくと良いと思います。

ライティングの仕事の難易度

仕事の難易度

慣れるまでは難しく感じるかも(個人差あり)

仕事の難易度ですが、最初は難しく感じると思います。しかし、決して難易度が高い仕事ではありません。

誰でも気軽に始めることができる仕事と言えるでしょう。

ライティングに関しては、向き不向きがあるので、文章を書くのが嫌いという人以外の人なら

そこまで難しくはないと思います。が、やはり個人差はあるでしょう。どの仕事でも同じだとは思いますが、

記事作成などは簡単にできるようになります。

慣れたら簡単にできる

ライティングは記事を書けば書くほど、慣れていきます。つまり、経験が蓄積されやすく、上達しやすい仕事だといえます。

そのため、一度ライティングの仕事に慣れてしまえば、その先は簡単にライティングをしていけるでしょう。

どんな人に向いている仕事なの?

ライティングが向いている人

文章を書くことが好きな人

文章を書くことが好きな人と言われても、すぐに「はい。文章書くの大好きです!」と言える方は少ないと思います。

なので、もっと詳しく指定してみると、Googleなどでネットサーフィンをするのが好きな人、ちょっとした恋愛コラムや音楽コラムを読むのが好きな人っていますよね?

インターネットに掲載されてある記事を読むのが好きな人です。

僕もそうでした。こういう人たちはこれまでに数多の記事を読み漁ってきたと思うので、比較的記事を書きやすく、ライティングに向いていると思います。

専門的な知識を持っている人

それから専門的な知識を持っている人もライティングに向いています。例えば、最新のダイエット方法とか、他の人が知らないような超マニアックな映画をたくさん知っている人、

それから資格や検定などでちょっとしたテクニックや裏ワザ、おすすめの勉強法などを知っている人など、

他の人が知らないような知識を持っている人は、差別化した記事を書くことができるので、重宝されます。

また、専門的な知識をすでに持っていれば、それに関する情報を書くだけでいいので、簡単に文章もかけますよね。

ブログを運営している人

ライティングの仕事はブログと並行して行うのがおすすめです。

ライティングの仕事を引き受けることで、記事の書き方や見出しの使い方、画像の使い方などの

ブログで欠かせないSEOの知識が身につくので、仕事としての相性が良いです。

また、ブログで培ったスキルをライティングの仕事で生かすことができますし、ライティングで培ったスキルをブログで生かすこともできるので、

余裕があれば、両方に挑戦してみてください。

すぐにお金が欲しい人

ライティングは短期的な仕事内容であり、頑張れば頑張るだけすぐにお金を稼ぐことができます。

そのため、すぐにお金がほしい人におすすめの仕事となります。

学生などならバイト代わりにライティングをするのも十分ありですし、自分の空いた時間に仕事できるので、

効率よくお金を稼いでいくことができるでしょう。

なので、すぐにお金が欲しい方・必要な方におすすめです。

時間がある学生や主婦の方

ライティングは長期的に記事を書いて欲しいという依頼が多いので、時間のある方におすすめです。

もちろん記事作成単発の仕事もありますが、

ライティングをメイン収益にするのなら長期的に契約した方が、相手も自分もwin-winですよね。

なので、時間がある方に向いた仕事だとおもいます。

具体的には学生や主婦の方におすすめの仕事です。

実際にライティングで稼いでいる感想

仕事をしてみた感想

僕がライティングをして稼ぎ始めて、2年ほど経つのですが、始めたきっかけはお小遣い稼ぎが目的でした。

もともとブログを書いていて、それなりにライティングには慣れていたので、試しにやってみようということで始めたのですが、

僕にとっては得意分野なので、稼ぎやすくて、満足いく業務になっていると思います。元々は記事を書いたり、文章を書いたりするのは慣れていなくて

苦手だったんですけど、2年も続けてきたおかげで今では、2000字程度の記事作成の依頼なら当日に納品できるぐらいになりました。

4000字〜5000字くらいの記事でも2日あれば、納品できます。慣れというものは恐ろしいもので、

自分が記事を書くときにどういう構成で文章を書くか、そして、どのように文章を展開していくか無意識のうちに決めてくれるので、

今こうして文章を書いているときも、ほとんど無意識の力で文章を書いているような感じです。

なので、ライティングを2年もしていてば、何も考えなくても文章をすらすら書くことができるようになります。

なので、僕はライティングの仕事をすることで、文章を書くことに全く抵抗がなくなったことについてとても嬉しく思います。

このスキルは他のビジネスでも応用できるので、役に立ちますし。

それから仕事をもらってくるのは主にココナラを使用していて、クラウドワークスはあまり使っていません。

ライティングはあくまでも副業として行っているので、クラウドワークスで仕事を受けると、結構がっちりとした記事作成をしないといけないのですが、

ココナラの場合は、自分の個性を生かしながら、記事をかけるので、僕の場合はココナラメインでライティングの仕事をしています。

それから副業程度なので、月に稼げる金額は1万円ぐらいですね。1ヶ月あたりで記事作成の依頼がちらほらと舞い込むような感じで、仕事していて、

自分のできる範囲でライティングに取り組むようにしています。

こんな感じでライティングの仕事は自分のペースに合わせて副業としても行うことができるので、魅力的です。

得意分野であるだけにこれからも続けていこうと思っています。

ライティングで稼ぐ方法まとめ

初心者におすすめの仕事

ということで、ライティングで稼ぐ方法から、ライティングの仕事のメリットや実際に稼いでいる感想を書かせていただきましたが、

いかがでしたでしょうか?

ライティングの仕事はそれほどまでに難しいものではなく、比較的どなたでも始めやすい仕事の一つです。

また、ライティングに一度慣れてしまえば、あとは簡単に稼いでいくことができるので、スキルを身につけるために、始めてみてください。

最初は慣れないと思いますが、10記事、20記事と書いていくうちに次第に自分の中で文章の構成やフレーズの使い回しといったテンプレートができあがってきます。

それが無意識のうちに記事内に反映されていき、自分しか書けないスタイルが確立します。

そうなればもうこっちのものですよ。

まずは、ライティングの仕事を引き受けてみることが大切なので、不安に思わずにまずは挑戦してみてください。

一緒に頑張っていきましょう!

大学生の大学生による大学生のためのブログ資産化戦略【バイト不要】
ブログで稼ぐ方法を大学生にガチで教えます!【これでバイト不要。】

現在僕は2年以上ブログ(ワードプレス)を運営しすでに毎月ガッツリ収益をあげています。

そんな僕がガチでブログで稼ぐ方法をノウハウとして販売しております。

無理強いはしません。本気でブログで稼ぎたい方だけご購入ください。

2年以上の運営経験、そして実際に稼ぎをあげてきたノウハウ、速攻で実践できるテクニック、裏情報すべてここに詰めておきました。

購入画面

値段はマックのハッピーセットぐらいの激安価格です。