PR

最新のジオターゲティング事例|位置情報に合わせ広告やクーポンを配信する!?

最新のジオターゲティング事例|位置情報に合わせ広告やクーポンを配信する!?

この記事では、最新のジオターゲティング事例について詳しくまとめています。

ヘンリー
ヘンリー
ジオターゲティングってなんなの?
ホロン
ホロン
ジオターゲティングは通信事業者の位置データ、分かりやすく言うとスマホを持っている人のGPSの情報を取得することで、その人のいる場所に合わせたクーポンを発行したり、広告を配信したりするサービスだね。ちなみに、GPSの位置情報はアプリ利用者にちゃんと許諾を得た上で取得しているみたい。

これから注目されている広告の形態『ジオターゲティング』

位置データの利用により、適切な人に絶妙なタイミングで広告やクーポンを配信することができるようになる。

「お疲れですね。コーヒーはいかがでしょうか?」

とスマホにメッセージが届き、自分の近くにある喫茶店やカフェのクーポンが発行されるようなイメージ。

ジオターゲティングが普及することで、次のようなことが期待されています。

  1. ユーザーの行動まで把握した広告を打つことができる
  2. 人の動きをグラフなどで簡単に把握することができる

そんな、これから注目すべき『ジオターゲティング』について今回はまとめていきたいと思います。

ジオターゲティングとは?

まずはジオターゲティングの特徴についてです。

実は、ジオターゲティングは以前からあった手法でした。

しかし、最新のジオターゲティングは昔とは違い制度が格段にアップしています。

違いとしてはユーザーの行動や状態に合わせて配信することです。

ゆっくり歩いて移動しているのか?それとも、速足で急いでいるのか?タクシーやバスに乗っているのか?

など、移動の状況をも捉えることができるようです。

これにより、ユーザーの行動もある程度把握することができ、例えば疲れていて、休憩したい人に休憩を促す形でクーポンを配信することで来店率のアップに繋がります。

ジオターゲティングはGPSセンサーで行動を把握

では、一体どうしてここまで正確なユーザーの情報が分かるのでしょうか?

居る場所であれば、なんとなく理解できますが、ゆっくり歩いて移動しているのか?それとも、速足で急いでいるのか?タクシーやバスに乗っているのか?なども分かるのは驚きですよね。

その答えはGPSセンサーとスマホのセンサーで取得した加速度や角速度の情報にあります。

GPSセンサーを使うことによって、誤差数メートルの位置情報が分かるようになります。

ソフトバンクの子会社「Agoop」はアプリ利用者から許諾を得た上でGPSの位置情報を取得したり、それ以外に、海外を含めた第3者のアプリから多数のデータを得て、月間210億件のログを集めています。

これによって、人の移動にまつわる「人流」データが把握でき、これを利用することで時間帯別の人の居場所、どれだけ密集して居るのか?が分析することが可能で、そこに制度の高い広告戦略を打っていけます。

それからスマホのセンサーで取得した加速度や角速度の情報を分析することによって、ユーザーの動作が分かり、歩いて居る速度などが分かるだけでなく、高度のビルにいるのかなども分かります。

最近は気圧センサーがついている機種も多いので、台風がきたときなど気候についての分析にも利用できるようです。

ユーザーの状況を瞬時に把握した上で、適切な広告やクーポンを配信するためにはリアルタイムの情報処理が必要になるのですが、ジオターゲティングの情報分析にはAIが利用されており、処理速度を圧倒的に高めています。

人流データのタイムラグはわずか3分。

これからの広告形態として、ポテンシャルを秘めていることがよく分かります。

最新のジオターゲティング事例

ラーメンチェッカー

ラーメン通 - 厳選ランキング&マップ表示決定版-

ラーメン通 – 厳選ランキング&マップ表示決定版-

AGOOP Corp.posted withアプリーチ

ジオターゲティングを利用したラーメン情報アプリ。

Kompreno(コンプレノ)

人流データを地図やグラフとして利用できるサービス。

簡単に操作することができ、ヒートマップや移動時間、滞在時間などのデータを10分前から2週間前まで確認することができる。

月額料金は30万円から。

→Kompreno-公式ページはこちら

LOCAL INSIGHT(ローカルインサイト)

ローカルインサイトは訪日外国人の動向分析サービスなどを手がけているナイトレイが提供しており、官公庁などが公開している地域情報を閲覧することができるデータ提供サービス

人流データを本格的に活用するとなればコストがばかにならないので、公開されている情報をサクッと調べ上げられることに辿り着いた。

官公庁では多彩なデータを公開しているが、pdfのデータが取り込めなかったり、データの形式がバラバラで扱いにくい特徴があるのですが、ここに対してローカルインサイトはデータを活用しやすいように加工したり、グラフなどで表示できます。

利用料金は5万円から。

→LOCAL INSIGHT-公式ページはこちら

LocationTrends

ロケーションインサイトはKDDIが運営しているサービス。

スマホで取得した位置情報を分析することができる。

→LocationTrends-公式ページはこちら

au人口動態データ

こちらもKDDIが手がけるサービス。

web上で出店計画や商圏分析ができるのが特徴的。

店舗ごとの顧客について、道路単位で細かい分析が可能。

→au人口動態データ-公式ページはこちら

【まとめ】ユーザー側からしてもドンピシャのクーポンがもらえるのは嬉しい

消費者側からしてもドンピシャのクーポンがもらえるのは嬉しい

ということで、今回は最新のジオターゲティング事例についてまとめてみました。

店舗を経営している人はジオターゲティングを利用することによって、より高い集客制度と来店率が期待でき、他のPPCなどで資金を投じるよりも賢いと思います。

例えば、Googleなどの検索広告を使って集客しているお店も多いと思いますが、これからはジオターゲティングを使い、自分の店の近くにいる人にクーポンを流したり、インスタ映えしそうな魅力的な商品をアップした広告を配信することで、無駄な費用をかけずに広告を打っていけます。

一方で僕たち消費者側からしても、自分の位置情報や状況にあったクーポンがもらえたり、広告で伝えてもらえるのは嬉しいです。

人によっては、そこまで把握されていると怖いと感じるかもしれませんが、僕はそうは思いません。

自分にあった広告やクーポンがあるなら配信して欲しいですし、賢く利用したいです。

最先端の広告形態だと思うので、これからどんどん普及していくと思われます。

記事をSNSでシェアして頂けると嬉しいです!

ホロンブログPR

この記事を読んで良かったと感じた方は上のSNSボタン⤴︎からシェアをお願いします!(ボタンを押すと簡単に共有できます。)

また、ホロンブログの記事を「お気に入りに追加」、「ブックマーク」、「ホーム画面に追加」などしていただけると嬉しいです。

ブログ認知度アップのため、応援のほどよろしくお願いします!

あなたの1クリックが励みになります

ホロンブログをシェア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA