バイト

大学生の初バイト辛い体験談

カフェでバイト

誰しもが通る道、初バイト。苦い経験をした人や楽しくバイトできた人など

様々だと思います。私は苦い方でした。

今回は私の初バイトの思い出を赤裸々に書き上げます。

 初バイトのめちゃくちゃ辛い思い出

初バイト

出典:suzuki-kaikei.net

大学に入って、生活にもだいぶ慣れ、落ち着いてきた頃

なんのバイトをしようかソワソワしていました。

今まで、学校で勉強しかしてこなかった私にとってバイトは楽しそうなもの

と思っていました。なによりもお金を稼げるのは魅力的でした。

初バイトに決めたのはカフェのバイトでした。

昔からカフェで働きたいという願望がありましたし、カフェで働いてる自分ってオシャレだな

なんて思い、ただの自己満足でカフェにしました。

思い立ったら即行動するので、電話をかけ面接日を決め、面接をして

無事採用して頂けることになりました。

面接の時にも店長は優しく、店の雰囲気も落ち着いていて

早く働きたいなと思っていました。

そして、バイト初日を迎えました。

初日は店の説明やフードやドリンクの説明を4時間ぐらい聞きました。

次の日からさっそく、働き始めます。私に仕事を教えてくれる担当の人がいて、

たくさんのことを教えて頂きました。

必死でいろいろと覚えましたが、メニューの多さにくじけそうになり、略語などで頭がごちゃごちゃになりました。

覚えたつもりでもバイト中にいきなり忘れてしまうなんてことも。

仕事内容で一番苦労したのは、フードやドリンクを運ぶことです。

あれをしてよく分かりました。自分が不器用だったこと。

あんなに難しいことを生まれてしたことがありません。

大げさではなく、二度と運ぶ系の仕事はしたくないです。

私の働いていた店ではコーヒーなどはソーサーにのせて提供するのですが、

ソーサーを運ぶのが難しすぎでした。

お盆からテーブルにコーヒーカップをのせたソーサーを置く時に

手が震えカタカタいって、地獄の時間。

カタカタ地獄です。

あの時に思いました。この世からソーサーなんてものは消え去って欲しいと。

そして、私は二度とソーサーを運びたくないと。

スポンサーリンク



それから、接客もしんどかったです。

客だからって、態度が大きい人が多過ぎです。

もちろん優しい人はいますが、クレームを言ってくる人ばかりで、

社会ってこうなんだなと知り、ショックを受けました。

若い人よりも高齢者の方が常識がない人が多かったのを覚えています。

2ヶ月ぐらいたって、精神的に追い込まれてきました。

私の思っているバイトと違ったショックや接客の難しさ、仕事の大変さを

これでもかというほど理解しました。

結局3ヶ月でカフェのバイトは辞めてしまいました。

最初のバイトでは

自分が不器用だということを教えられ、ダメダメな自分を知ったことや、

心も弱いという事実を受け、ショックを受けました。

いずれ、知ることだったのかも知れませんが、重いものでした。

この経験をして、自分にあった仕事を選ぶようになりましたし、

自分の納得がいき、自分がしていて充実している仕事を探すようになりました。

将来の仕事についても深く考えさせられたので、初バイトは嫌な思い出ですが、

自分のためになったと思います。

大学生の大学生による大学生のためのブログ資産化戦略【バイト不要】
ブログで稼ぐ方法を大学生にガチで教えます!【これでバイト不要。】

現在僕は2年以上ブログ(ワードプレス)を運営しすでに毎月ガッツリ収益をあげています。

そんな僕がガチでブログで稼ぐ方法をノウハウとして販売しております。

無理強いはしません。本気でブログで稼ぎたい方だけご購入ください。

2年以上の運営経験、そして実際に稼ぎをあげてきたノウハウ、速攻で実践できるテクニック、裏情報すべてここに詰めておきました。

購入画面に進む!

値段はマックのハッピーセットぐらいの激安価格です。