邦楽

ワンオクロック〜一生ついていきたい日本のトップバンド〜

今、日本でトップのバンドとして君臨しているのが、ワンオクロックです。

まだ、20代なのにもかかわらず圧倒的な存在感を発揮し、音楽シーンに名を轟かせているワンオクロックは

私たちの憧れとも言えるでしょう。

今回はワンオクロックの楽曲、音楽性、ポテンシャル

そして、一生ついていきたいと思える彼らの魅力

などをまとめていきます。

ワンオクロックの楽曲

まずはワンオクロックの楽曲です。

彼らはパワフルかつヘビーなサウンドと繊細な歌い上げで

曲が作られています。

ギターで奏でるメロディーにベースとドラムが底上げして、ボーカルを引き上げている感じですね。

ワンオクロックの音楽性

音楽性でいうと

ワンオクロックは幅広い音楽を作っていて、激しめの曲調だけでなく、

誰もが心を打たれるようなバラード、

リズムちっくなラップなどもありますし、

魂を震わせるような、シャウトやデスボイスなども取り入れられています。

そんな幅広い音楽性を生み出しているからこそ、ワンオクロックはトップアーティストに登り詰めたのだと思います。

そして、ワンオクロックはその音楽への探究心が大きく、さらに新しい音楽性を取り入れようとしています。

これまでのワンオクロックが出してきたアルバムを聴いていただくと、分かると思いますが

曲調の変化に驚かされます。新しいアルバムが出るたびに新しい音楽を取り入れていて、

進化したワンオクロックを見ることができます。

楽曲に個性が出ていますし、さらに磨き上がったサウンドになっています。

このように、良い方向にワンオクロックは常に進化しているんですね。

この常に進化していることがワンオクロックの魅力のひとつであるとも言えますね。

変化を起こすことは、いいことだけでなくデメリットを伴うものです。

リスナーにいい評価してもらえる場合だけでなく、悪い評価も下されることがあるでしょう。

しかし、彼らはそれに屈することなく、自分たちの音楽を作りあげています。

ワンオクロックの音楽は誰かに左右されるものではなくて、彼ら自身が真っ直ぐに向き合って

音楽が生まれているから、多くの人の心を掴むと言えるでしょう。




メンバーのポテンシャル

次はメンバーのポテンシャルについてです。

ご存知だと思いますが、ワンオクロックのメンバーは

タカさん(ボーカル)

トオルさん(ギター)

リョウタさん(ベース)

トモヤさん(ドラム)

の4人で結成されていて、ひとりひとりのポテンシャルがかなり高いです。

それは、彼らの曲を聞けば分かりますし、ライブでも実力が滲みでています。

ライブで圧巻のパフォーマンスができるのはワンオクロックのメンバーの

ポテンシャルの高さがあるからですね。

ライブパフォーマンスでひとりひとりが主張しすぎるのではなく、

ひとつにまとまっていて、自分たちで作った楽曲をアレンジを加えながら引き立て合っているのが

素晴らしいです。

ワンオクロックの姿

それから、画像や映像で見かけるのがメンバーの仲の良さ

真に心を打ち解けている感じが伝わってきて、うらやましくなります。

素晴らしい仲間たちと一緒に音楽を作り上げることで、互いに妥協することなく、

最高の音楽を作り上げているのだと思います。

仲間、絆という言葉をワンオクロックの姿が教えてくれているような、

私たちが求めている理想像のような姿があります。

その点もワンオクロックが魅力的に感じる所ですね。

 

まとめ

ワンオクロックはこれからも音楽シーンを圧倒してくれるでしょうし、

輝き続けるでしょう。

そんな、彼らを私は一生ついていきたいと思います。

これからの活躍に期待も込めて、応援し続けます。

きっと、世界でトップのアーティストになっていることでしょう。