デートスポット

嵐山デートでトロッコとボートに乗るならこの記事がおすすめ!

嵐山でトロッコとデートに乗るならこの記事

この記事では、嵐山デートに関する情報をまとめています。また、嵐山で有名なトロッコについてとボートについての知っておきたい情報をまとめてみたので、

気になる方は最後まで読み通してみてください。

エルマー
エルマー
嵐山で有名なトロッコとボートに乗ってみたいんだけど、トロッコってどっから乗れるの?
ホロン
ホロン
トロッコはトロッコ亀岡駅っていう場所から嵐山に向けて乗るのがおすすめだよ。詳しく紹介するね。

嵐山デートの魅力

トロッコ列車に乗れる

トロッコ列車1

嵐山はトロッコ列車に乗ることができ、山間部の景色を優雅に楽しみながら、ゆったりとしたひと時を味わうことができます。

なんだかんだ嵐山のデートに行っても、トロッコを後回しにしてしまい結局乗らないままっていうカップルは結構いると思います。

そんなカップルにぜひ、乗っていただきたいと思います。僕もトロッコに乗ってみたんですけど、軽い遊園地のアトラクションみたいな感じで

楽しかったですし、トロッコは上りと下りで走っているので、嵐山にトロッコに乗って向かうこともできます。

このトロッコで嵐山に向かう方法については後で詳しく紹介します。

トロッコ列車なんて滅多に乗ることができないので、ぜひ乗っていただきたいと思います。

ボートに乗れる

嵐山のボート1

嵐山には有名な渡月橋がありますが、その橋がかかっている川(大堰川)にはボートをレンタルしてくれる場所があって、

1時間1500円でボートに乗ることができます。ボートは手漕ぎタイプのやつで初めて漕ぐタイプのボートに乗ったんですけど、

めちゃくちゃ面白かったですよ。

2人で乗れば1人あたり750円で乗ることができるので、そこまで料金が高いわけではありません。

初めてだったのでちょっと不安もありましたが、その分恋人と距離を縮めることができるのではないでしょうか?吊り橋効果的な。

僕の彼女もめちゃくちゃ楽しそうに漕いでいました。

ちなみにボートは3人乗りなので、友達と3人で来ているような方にもぴったりです。

食べ歩きできる。

嵐山で食べ歩き1

それから嵐山の最大の魅力はやっぱり食べ歩きですよね。

嵐山には有名な食べ歩きグルメがたくさんあり、あちこちで、美味しそうなグルメが売られているわけなのですが、

全て食べるのが難しいと感じるくらいの出店量なので、食べ歩きでも恋人と楽しむことができると思いますよ。

嵐山は人が多く、結構複雑な道もあるので、あらかじめデート前に食べたいグルメのお店の場所を確認しておくと良いと思います。

トロッコ列車で嵐山へ行く方法を紹介!

トロッコ列車で嵐山に行くことができることを知っていましたか?

トロッコを後回しで乗ろうとすると、ほぼ間違いなく、また今度乗ろうという流れになると思うので、トロッコを乗るなら、

嵐山に向かう時がおすすめです。

その具体的な行き方をここから紹介していきたいと思います。

まずはざっくり紹介!

嵐山のトロッコ2

まずは、どの駅からどの駅に行けばいいか、そこからどこに向かえばいいのか、などざっくり紹介していきます。

まずは嵐山デートとなると大抵の場合京都駅で待ち合わせになると思います。

京都駅でJR嵯峨野線に乗って、嵯峨嵐山駅の向こうにある、馬堀という駅までいきます。

だいたい京都駅から24分で着くと思います。

次に馬堀駅で降りたら、トロッコ列車の駅に歩いて行くことができるので、歩いていきましょう。

トロッコ列車の駅(トロッコ亀岡駅)は目立っていたので、すぐに分かると思います。また、観光客の人について行ってもたどり着けると思います。

そこでトロッコ列車に乗って、嵐山まで行くことができます。

嵐山では、2つ降り場があって、竹林の方で降りていただいても構いませんし、嵐山駅(JRの方)で降りていただいても構いません。

トロッコ列車で嵐山に行く方法のおおよそはこんな感じになります。

トロッコ列車で嵐山に行く方法

1、京都駅から馬堀駅まで行く(JR嵯峨野線)

2、馬堀駅から歩いてトロッコ亀岡駅まで行く

3、トロッコに乗車する

4、嵐山に到着!

料金はこれくらい!

次にJRの切符料金とトロッコ列車の料金について紹介したいと思います。

JR嵯峨野線で京都駅から馬堀駅まで320円です。

またトロッコ列車は620円です。

ちなみに帰りは嵯峨嵐山駅から京都駅に向かうと思うので、嵯峨嵐山から京都駅までの料金は240円になります。

ということで、一人当たり、嵐山デートの移動でかかる料金は合計1180円になります。(往復)

嵐山デートの交通費(往復・トロッコ込み):1180円




嵐山のトロッコに乗る前に知っておきたい情報

嵐山のトロッコ3

リッチ号(オープン車両)は(当日しか乗車券を買えない)

嵐山のトロッコには1号車だけ特別な車両があり、開放的なオープン車両になっています。

この車両はめちゃくちゃ人気で、僕もこの車両を狙って30分前ぐらいに行ったんですけど、

乗ることができませんでした。

知っておきたいこととして、リッチ号の乗車券は当日しか購入できないので、予約できないことも合わせて覚えておくと良いと思います。

超人気なので満席もありうる

それから僕が行った時は平日だったんですけど、平日でトロッコ列車は満席状態でした。

日本の旅行客よりも、海外からの観光客が多く、平日でも満席だったので、時間に余裕を持って、トロッコ亀岡駅に行ったほうが良いと思います。

平日でかなりの人が利用していたので、土日になるともっと乗車券が購入しにくくなると思います。普通の乗車券は予約でも購入できるため、土日にデートしようと考えている方は

あらかじめネット予約しておくのが良いと思います。

ネットで予約でき、空席状況も確認できる!

リッチ号の車両は予約することができませんが、普通の車両なら、インターネットで予約することができます。

また、トロッコのホームページでは、空席状況運行スケジュールなどを教えてくれるので、トロッコに乗るなら一度チェックしておいたほうが良いと思います。

また、インターネットで予約する際のやり方なども教えてくれるので、必要な方は見ておくと良いと思いますよ。

トロッコのホームページ

景色がよく見える座席ってどこなの?

景色がよく見える座席

この質問に関して僕もめちゃくちゃ気になっていたので、実際にトロッコに乗った僕がお答えしたいと思います。

まず、当日にチケットを購入する場合だと、座席は指定できません。駅の係員の人が指定してくれるので、そこに座るしかありません。

また、実際にトロッコの景色を見てみて、右側の座席も左側の座席もどっちもどっちでした。

最初に川の景色を楽しむことができるのは向かって左側の座席(亀岡駅から嵐山に向けて)なんですけど、

後半になると川の景色を楽しむことができるのは向かって右側の座席(亀岡→嵐山)になります。

なので、どの席でも景色は十分に楽しめると思います。

一番いいのはリッチ号ですが。

嵐山のトロッコに乗った感想

トロッコに乗った感想

嵐山のトロッコを初めて乗ったんですけど、というより、そもそもトロッコって乗る機会がないですよね。

実際に乗ってみて感じたのが、アトラクションみたいだな。ということでした。普通の車両でも窓が少し空いていて、

景色を楽しみ、風を感じ、ゆっくりと川の流れや自然を満喫できるんですけど、列車の走る音が結構大きく、

また列車の揺れもJRとは違うので、そこそこあります。そこがちょっとしたアトラクションのように思いました。

トンネル(炭鉱みたいな)を通る際には、まさしくアトラクション感が強かったです。

それはディズニーランドやUSJよりもリアルな体験型アトラクションです。

晴れの日だったので、景色も綺麗でしたし、めったにできない出来ない経験なので、乗れてよかったと思います。

嵐山のボートは絶対乗るべき!めちゃくちゃ楽しいです。

嵐山ボート2

ボートについてざっくり紹介!

嵐山のトロッコについて長々と紹介させていただきましたが、次はもう一つの魅力である、ボートについて紹介したいと思います。

嵐山のボートは大堰川で楽しむことができるのですが、行き方は簡単で、渡月橋を渡って右側に船着場があるので、

そこで1500円ほど支払うと、ボートを貸してくれます。

そこから1時間ほどボードを楽しめますよ。

ボートの楽しみ方

1、嵐山についたら渡月橋の方へ行く

2、渡月橋を渡り、右側にある船着場へ行く

3、1500円支払い船を借りる

4、1時間ほど楽しめる。

ボートに乗る前に知っておきたいこと!

嵐山ボート3

手漕ぎなので、慣れるまで難しいです。笑

僕は初めて手漕ぎのボートに乗ったんですけど、ボートに乗って、軽く漕ぎ方の説明を受けて漕ぎ始めるのですが、最初は本当に難しく感じました。

でも、慣れてくると簡単に漕げるようになります。女性の方でも簡単に漕げるようになりますよ。

僕の彼女も楽しそうに漕いでいました。

二人で漕いだり出来ます。

カップルなら、片方だけ漕いでいるともう片方は退屈なので、二人でボートを漕ぐのがおすすめですよ。

一人1つずつパドルを持ち、息を合わせて船を漕いで行くのですが、これは二人の息がぴったりあっていないと、

進む方向がおかしくなったり、そもそも進まなかったりするので、楽しかったです。

初めての共同作業的な感じで。笑

ケーキ入刀よりも先の共同作業ができます。

結構上流の方まで行けます。

船着場の近くぐらいまでしか行っては行けないのかな。と思っていましたが、結構川の上流の方まで行っても良いみたいでした。

というより、行っている人が結構いました。

慣れてくると、どんどん漕ぎたくなってしまうので、かなり上流の方まで僕は行ってしまったんですけど、

面白かったですよ。ただ、上の方に行くと、手漕ぎではなく遊覧船のような、お客さんがたくさん乗った川下りの船が通るので、

そこだけ注意してくださいね。

嵐山のボートに乗った感想

久しぶりにテンションが上がったのがこのボートです。僕の彼女もテンションが舞い上がっていました。

ボートって思っている以上に不安定で、ゆらゆら揺れる感じが初めての感覚だったわけですが、

そのゆらゆら感が緊張感を出してくれて、実際に漕ぐことができると、初めてチャリに乗れた時のような感覚で感動しました。

また、なぜかクセになるボートのパドル漕ぎはみんな絶対ハマると思うので、絶対に乗った方が良いと思います。

料金も2人で乗ったら、1人750円くらいなので、そこまで高いわけではありませんし、思い出作りになるので、ぜひ嵐山にきた際にはボートに乗ってみてください。

嵐山デートまとめ

嵐山デートまとめ

ということで、嵐山デートで魅力的なトロッコとボートについて紹介させていただきました。

一番最初に嵐山にデートで行った際には、食べ歩きと、竹林の観光がメインになっていたのですが、

2回目のデートでは、トロッコとボートがメインでした。そう考えると、1日では足りないくらい、

魅力的なスポットが嵐山にはありますね。

京都の中でも代表的なデートスポットでもある嵐山。次に行く際はまだ行ったことがない場所や、食べたことがないグルメ、したことがない体験をしてみてください。

この記事は以上で終わります。

 

デートおすすめ記事