生タピオカと関西グルメ

辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカおすすめメニュー【5選】

辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカおすすめメニュー【5選】

この記事では、タピオカ人気店辰杏珠(シンアンジュ)のおすすめメニューについてまとめています。

エルマー
エルマー
辰杏珠のタピオカってどんな特徴があるの?
ホロン
ホロン
辰杏珠の使っている生タピオカだから注文してすぐ食べると温かいんだよ。しかも、時間が経つにつれて食感が変化する特徴もあるんだ。究極のタピオカって呼ばれてるんだって。

タピオカドリンクの大人気店「辰杏珠(シンアンジュ)」。

台湾のお茶文化を日本でも広げるためにお店を展開している辰杏珠(シンアンジュ)は現在、東京の渋谷、大阪の心斎橋、京都の四条、そのほかにも広島や名古屋などをメインに出店しています。

そして、本場台湾から直輸入で仕入れている生タピオカを使った生タピオカドリンクが特徴的で、フレッシュで作りたてのタピオカは注文してすぐに食べると温かくとろけるような食感が魅力的になっています。

今回はそんな極上の生タピオカドリンクがいただける辰杏珠(シンアンジュ)のおすすめメニューを紹介させていただきます。

辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカの特徴

辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカの特徴

まずは辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカの特徴からサクッと紹介させてください。

辰杏珠(シンアンジュ)の使っているタピオカは先ほどもチラッと紹介しましたが、厳選して選ばれた選りすぐりのタピオカを本場の台湾から直輸入しています。

大粒でもちもちした食感が特徴のそのパールは台湾直伝の技を使って職人さんが仕上げているのでとろけるような食感がたまりません。

さらに生タピオカなので、辰杏珠(シンアンジュ)でタピオカドリンクを注文してからすぐ飲むと温かいんですね。

モチっとした弾力に加えて温かくほろっとするその口どけは辰杏珠でしかいただけない究極のタピオカになっています。

そして、温かい生タピオカと冷たいドリンクの相性が絶妙にマッチしているのも美味しさの魅力ですね。

また、時間が経つにつれて生タピオカも冷えてくるのですが、冷たくなってくると弾力が少し強くなりかみごたえが生まれるんです。

このように辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカには時間が経つと食感も変わるという特徴があります。

※公式サイトはこちら

辰杏珠(シンアンジュ)のメニューと値段

辰杏珠(シンアンジュ)のメニューと値段1 辰杏珠(シンアンジュ)のメニューと値段2

【辰杏珠(シンアンジュ)のメニューと値段】

・黒糖バブルミルク(540円)

・タピオカミルクイチゴオレ(630円)

・タピオカ抹茶ミルクオレ(630円)

・タピオカ黒ゴマミルクオレ(630円)

・タピオカマンゴージュース(630円)

・黒糖ミルクティー(560円)

・ブルーラグーン南高梅ソーダ味(600円)

・カウカウゼリー(580円)

・琥珀(430円)

・初恋(450円)

・ルールコンドラミルクティー(480円)

・ウバミルクティー(480円)

・鉄観音ミルクティー(480円)

・ほうじ茶ミルクティー(480円)

・凍頂烏龍茶(400円)

・アッサム(350円)

・ほうじ茶(350円)

・ジャスミンティー(350円)

【トッピング】

・タピオカ(50円)

・イチゴソース(30円)

・フォームミルク(30円)

・チーズフォームミルク(30円)

・オレンジ(50円)

・ピンクタピオカ(50円)

・黒糖ゼリー(50円)

・アロエ(30円)

・イチゴ(50円)

・ボトル(150円)

※メニューページはこちら

辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカドリンクメニューは定番の黒糖や抹茶に合わせてマンゴージュースや黒ゴマなど魅力的でカラフルなメニューが揃っていますね。

また値段も黒糖バブルならワンコインでいただくことがでいますが、ミルクオレ系のメニューになってくると630円になってくるのでやや高めです。

その分味に期待できますね。

ちなみに+140円でLサイズにすることができたらふくタピオカをいただくことができます。

さらにさらにトッピングのバリエーションも豊富でピンクタピオカやフォームミルクを入れて自分好みにカスタマイズできます。

タピオカが入っていないドリンクでも追加50円で加えることができますし、追加150円で全てのドリンクをボトルティーにすることも可能です。

辰杏珠(シンアンジュ)のおすすめメニュー

黒糖バブルミルク

 

この投稿をInstagramで見る

 

辰杏珠 Sin an juさん(@sin_an_ju)がシェアした投稿

最初に紹介したいおすすめメニューが『黒糖バブルミルク』です。

こちらは黒糖のシロップと牛乳が絶妙な感じで混じり合い、温かい生タピオカと組み合わさった完璧な一杯に仕上がっています。

味はさることながら見た目もオシャレで綺麗ですし、何よりモチモチの生タピオカを存分にいただけます。

一番美味しい状態で食べたい方はMサイズ(540円)で注文するのがおすすめですが、これでもかというぐらい生タピオカをたらふく食べたい方にはLサイズ(680円)の注文をおすすめします。

ちなみに、辰杏珠(シンアンジュ)には黒糖ミルクティーという似た商品があるのですが、違いはお茶の香りですね。

ミルクティーの方は茶葉の芳醇な香りがして上品な一面がありますが、黒糖バブルの方は「みんなが愛してやまないスイーツ!」っていう感じに仕上がっていますよ。

タピオカイチゴミルクオレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

辰杏珠 Sin an juさん(@sin_an_ju)がシェアした投稿

次におすすめのメニューとして紹介したいのが「タピオカイチゴミルクオレ」になります。

こちらは、イチゴミルクの甘くて優しい味わいが特徴的で、いちごの果肉などもしっかり入っているので、タピオカのモチっという食感に加えて、いちごの果肉の食感がいい感じにアクセントになります。

また、いちごの酸味も加わるので甘い中にちょっとした酸味が調和の取れた美味しさに仕上げてくれています。

何よりタピオカといちごの組み合わせって結構最強で、抹茶並みの相性を生み出しているんじゃないかと感じるくらいです。

とても美味しいタピオカドリンクなのでぜひ飲んでみてください。

黒ゴマタピオカミルクオレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

辰杏珠 Sin an juさん(@sin_an_ju)がシェアした投稿

次に紹介したいのが黒ゴマタピオカオレですね。

黒ゴマを使ったタピオカドリンクを提供しているのは辰杏珠(シンアンジュ)でしか見た事ないので、変わり種に挑戦したいという方にぜひ飲んでいただきたいメニューです。

黒ゴマの風味は台湾を彷彿とさせるような印象的な味で、中華料理のデザートのような感じですね。

ゴマのインパクトは強いものの、タピオカの主張とうまく組み合わさっていて、癖になる味わいになっています。

ちょっと冒険してみたいという方はぜひ黒ゴマタピオカオレを飲んでみてください。

ブルーラグーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

辰杏珠 Sin an juさん(@sin_an_ju)がシェアした投稿

続いて紹介したいのがブルーラグーンですね。

ブルーラグーンは見た目の破壊力が抜群ですよね。

海を彷彿とさせるその透き通った青色はインスタ映え間違いなしの魅力がありますし、上のインスタの動画をみて分かるようにかき混ぜてみるとまさしく海そのもの。

容器の中に小さな海を閉じ込めたようなデザインで可愛らしいですね。

ちなみに混ぜると色が変わるようですよ。面白いですね。

それからこちらは追加50円でタピオカを入れることができるので、南高梅ソーダとタピオカの組み合わせもアリですね。

そのままいただくのもよし、生タピオカを入れてカスタマイズするのも良しなオシャレドリンクです。

琥珀

 

この投稿をInstagramで見る

 

辰杏珠 Sin an juさん(@sin_an_ju)がシェアした投稿

最後に紹介したいのが「琥珀」(画像右)です。

高級感を感じる名前ですが、オレンジフィールドを使ったフレーバーティーになっています。

フルーツ系のあっさりとした飲み心地なので、気分をリフレッシュしたい方や暑い猛暑の中でさらっと喉を潤したい方、それからゴクゴクと飲みたい方におすすめのメニューになります。

ちなみに、こちらも追加50円でタピオカを入れることができますよ。

また、琥珀を注文する際にはボトルティーで頼むと持ち運びも便利ですし、オシャレですね。

オレンジのフレーバーティーは一口飲むと鼻から突き抜けるようなオレンジの香りが爽快感を与えてくれるとともに、口の中をどこまでも幸せに包んでくれる美味しい味わいになっていますのでぜひ飲んでみてください。

イチオシメニューは『黒糖バブルミルク』

イチオシメニューは『黒糖バブルミルク』

ということで辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカおすすめメニューを紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

紹介している自分が手が震えるぐらい辰杏珠(シンアンジュ)のタピオカを食べたくなりました。笑

とにかくこちらのタピオカドリンクは究極といっても過言ではないくらいクオリティが高いですし美味しいのでぜひこの機会に味わってみてください。

最後に、「一番おすすめのメニューはどれ?」と聞かれたら間違いなく「黒糖バブルミルク」をおすすめします。

そして、食べれる方にはぜひ黒糖バブルミルクのLサイズを注文してみてください。

手に持った時に、幸福の絶頂にいるぐらいの感覚を味わえますよ。笑

ホロンブログではタピオカドリンク専門店のおすすめメニューだけでなく、店舗情報や為になる情報を発信していますので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

生タピオカおすすめ記事

・普通のタピオカと生タピオカの違いとは?【タピオカ好き必見!】
・神戸三宮【さんちかにある台湾甜商店のタピオカ食べてほっぺた崩壊!】
・タピオカは美容・健康にいい?ダイエットもできるってホント?
・生タピオカとは?
・タピオカを使ったパン・パンケーキが人気!?【お店や作り方紹介!】
・【タピオカカルピス特集】作り方・味付け・食べれるお店などを紹介!
・タピオカミルクティーの原価が衝撃的だった!
・京都三条【シェイシェイパールのタピオカはたっぷり入って超美味。】
・京都【オツモパールのタピオカに「え!?一番美味しい」と思った件】
・【モミトイのタピオカ特集】おすすめメニュー紹介!京都店舗情報も。
・【春水堂のタピオカ特集】おすすめメニュー・大阪店舗情報も!
・TEA18のタピオカおすすめメニュー3選!大阪店舗情報も込み。
・大阪で生タピオカが食べれるお店・専門店をまとめてみた!
・岡山県で生タピオカが食べれるお店・専門店をまとめてみた。