脱毛器

フィリップスの脱毛器「ルメア」の口コミ・効果・使い方

フィリップスの脱毛器「ルメア」の口コミ・効果・使い方

この記事では、フィリップス社が手がける脱毛器「ルメア」の口コミ・効果・使い方・最安値価格(お買い得情報)について詳しくまとめています。

エルマー
エルマー
ルメアってどんな脱毛器なの?
ホロン
ホロン
世界シェアNo.1と謳われている脱毛器なんだけど、シンプルな設計で使いやすいのが特徴的だよ。フィリップス社が手がけているから品質もいいし。ただ、vioや髭の脱毛には使えないアイテムだから注意してね。

日本でも誰もが一度は聞いたことがある「フィリップス社」。

オランダを本拠地としているロイヤルフィリップス社はテクノロジー技術を使い人々の健康に貢献することを理念に製品開発から販売を行うリーディングカンパニーです。

電動シェーバーや電動歯ブラシ、AEDからオイルヒーターまで手がけ、最近では睡眠の質を高めるディープヘッドバンドなるものなど革新的な商品を生み出しています。

そんな世界的な企業が手がけている光美容器「ルメア」。

ルメア

継続して脱毛していくことで、最大6ヶ月間ツルスベ肌が続くという人気脱毛器ですね。

今回はそんな「ルメア」の最上位モデル「ルメア プレステージ」について詳しく特集してみました。

この記事を読むことでルメアの特徴や魅力だけでなく、実際に使用した人の口コミや効果・使い方・お買い得情報がわかります。

それでは見ていきましょう。

フィリップス脱毛器ルメアの特徴

フィリップス脱毛器ルメアの特徴

フィリップスの脱毛器ルメアは世界シェアNo.1とも呼ばれる人気脱毛器です。

皮膚科医と共同開発で生まれた脱毛器なので、肌に優しい脱毛ができるのが特徴的で一般的な脱毛器と同じようにIPLのフラッシュ技術を搭載しています。

これによって、ムダ毛の毛根に光を照射し脱毛するという仕組みですね。

ルメアの特徴は専用のアタッチメント(カートリッジ)を付け替えることでパーツごとに脱毛がしやすいように設計されています。

顔用・ワキ用・ビキニライン用・からだ用それぞれのアタッチメントが付属でついてくるのですが、これらそれぞれ照射面積が異なり脱毛する部位に合わせて設計されています。

ちなみに、一番大きいサイズの照射面積は4.1㎠なので日本製の人気脱毛器「ケノン」などと比較するとやや小さめではあります。

また、フィリップス社の脱毛器は照射回数が約25万回の使い切りタイプです。

追加で課金する必要がありませんし、全身脱毛するには十分な寿命。

(男性は360回、女性は300回程度の照射回数が必要であると仮定して場合。)

そんなフィリップスの脱毛器「ルメア」ですが、実際に使用した人の口コミはどうなのでしょうか?

ここから見ていきましょう。

フィリップスの脱毛器ルメアの口コミ

フィリップスの脱毛器ルメアの口コミ

フィリップスの脱毛器の口コミを調べてみたところ次のような声が上がっていました。

アタッチメントなしにしました。
アタッチメントありの形だと正面から見えないところがやりにくそう。真っ直ぐなこの形がやりやすかったです。

最初は二週間に一回のみを4.5回続けて下さいとありましたのでほぼその通りやりました。
二回目が終わっても変化なし。
某有名サロンの光脱毛を少し経験してますので、すぐには変化はないのは分かってましたがそのルメア をやった次の日から毛が生えてくるのをみて、ハズレたかなと心配になりました。

しかし二回目終わってそろそろ3回目の日にちが近づいてきて足を見てみたらあんなに生えてたのに半分くらい無くなってる!
どうやら体を洗ったりするときに少しずつ抜け落ちたようです!

剛毛の私がこんなに早く結果が出始めるなんてビックリしました。
冬だしあまり気にしてなかった腕を見てみたら、やはり薄くなってた。
私は手の甲にも毛があったんですが、ほとんど抜けおちてました。

私はフィリップスから無償でもらってません。脱毛エステに通う時間がないので、自宅で出来るこれを見つけてタイムセールで買いました。

こつはルメア をやる前にしっかり除毛すること。私は専用のシェーバーでやりました。
毛が残ってるとアチチとなります。

肌色センサー付きです、私は5でしたが5は慣れてないと痛いかも。
だいたい4でやって、5は足のすねなど肌が痛みに強そうなところだけにしました。

指にはセンサーが反応してくれず、出来ません。指やりたい人はアタッチメントありにしないと。

まだ足と腕しかしてませんが、連続してやってると照射ウィンドーがかなり熱くなります。3が5くらいに感じます。怖いのでレベルを落として使うか、少し冷ましてから再開してます。

私はビビリなので、アタッチメントあっても顔には怖くて出来なかったと思うので、こちらでよかったです。指だけ残念!

引用:Amazon

年末のセールで安くなっていたので買いました。
三回使用でびっくりするくらい生えにくくなりました。
こんなことなら早くに使いたかった…
剛毛の足はまだまだかかりそうですが、腕は、そこそこ。
指毛は10日手入れなしで今のところ生えてきた毛なし。
脇毛も10日手入れなしで一部生えてきてません。

レベル4で使用してます。
以前は電動脱毛器でしたが、それと同じくらいの痛み〜それの半分くらいの痛み程度で我慢できるほどです。
脇は脱毛器とほとんど同じ痛みそこそこ痛いです。

でもこれなら、夏までに間に合いそうです❤️

引用:Amazon

足に大きなタトゥーがあるためお店での施術を諦めてこちらを購入しました。
操作も簡単、スイッチを入れてからの立ち上がりもかなり早いです。
8月に購入し、6、7回行いましたがもうすでにほぼ生えてきません。
背術箇所は足(太ももから指まで)・腕(二の腕から指まで)・わき・口の周り・へそ周辺の産毛です。
一回照射を行ってから次に行うまでの時間も短く、上記の箇所を一通り行っても30分はかかりません。
昔お店でワキの脱毛を行ったのですが、妊娠と同時に完全復活してしまったため、次回妊娠する可能性も踏まえてお店での施術ではなくこちらを選択しました。
自分のペースで好きな箇所を出来るのでかなりお買い得だとおもいます。

※2019/03 追記
2,3ヶ月前から起動時のファンの音が大きくなり、異常を感じたためサポートセンターへ修理を依頼しました。
結果不具合が見つかり交換となったのですが、同じ商品の在庫がなかったため、上位機種のルメア プレステージ ¥ 60,726に交換に!正直かなりお得な買い物になりました笑笑
保証にもかなり満足です。

引用:Amazon

女性ですが大病してから何故か顎にバリバリと顎髭が生えてしまい(うぶ毛は元々ありました)初めての光脱毛です。

2018年末のブラックデーに購入、半年過ぎてのレビューです

初めは剃って2日後からスタート!で、初めて2、3回は実感無し。

そのうち打つ度にホロホロ抜けて、毛が痩せていくのを実感!!夕方には青くチクチクしてた顎がツルツルでT字カミソリでジョリジョリ切ない気持ちで顎髭を剃る・・・・ということをしなくて済む様になりました。
12月、2月、4月位の画像です
今更ですが、嫌な方は閲覧注意

打つ時に何処をしてるか?分からなくなるので、マスキングテープでガイドを我流で作ると打ちやすくなり、これからもまだまだ使うぞー!と張り切ってます

が、

半年過ぎ、最近は本体(特に皮膚に当たる部分)が、かなり熱くなってきました!!
購入当時は連続でも特に気にならなかったのですが半年経って、連続で打つと15回~20回位で熱くて熱くて肌に当ててられない位の熱さになってしまいました。2、30回でクールダウンをし、冷めるのも以前よりかなり時間がかかる。

かなり時間がかかるし、熱くて熱さで赤くなり痛いしと・・・残念です

顎髭が無くならないので光脱毛自体、退毛(弱らせる)位しか出来ないのを後で知り、使い続けるつもりもでしたので残念です

この品で(光脱毛自体)効果はあると分かりました!しかし次回購入は無いかな

引用:Amazon

※シルクエキスパート・レイボーテも使用経験ありでレビュー記載します。

この5万超える価格帯にして、こちらのみオート肌色モード搭載なしです。
1-5を自分で選択して照射。肌色に対してレベルが高いと照射できないようにはなっています。
できないときは強度を手動で落としてくださいねーという感じ。
日本人なら基本3か4みたいです。敏感な方は1でするほうがいいと思います。
でもwいやーずぼら的にはオートモード搭載おねがいしますw
(この1つ下の価格帯のエッセンシャルのほうにはあるみたいですけど・・・
5を使える人はかなりの色白さんだけでしょうね・・・二の腕の裏側で使えるくらいでしたw
5の照射強度は結構強く、ここはシルクエキスパート最強と同じくらいだと思います。
よって、照射効果は非常に期待できるものだと思います。

連射モードはありますが、他の2種と比べると、連射速度はレベル1でも遅めです。
最小レベルで処理時間が一番短いのはレイボーテでしょうね。

一番の残念なポイント、手指の毛の部分、どうやっても完全に覆えないから使えない・・・
照射範囲が広めのところは問題ないのですが、指のような狭くなってしまうところにはセンサーだけ覆っても、
指数本含めて横にしてもREADYランプ点灯せず、つかえませんでした・・・
結構指って気にする人は気にすると思うな・・・( ;∀;)
ほかの2種は指処理も問題ありませんでした。

その一方で、顔用のアタッチメントは素晴らしいと思います。
ほかにはないUV領域カットのフィルター付き。
シミやそばかす気にされている方にはいいアタッチメントだと思います。
多分このお品が勝っているのはこのフィルターなのかなぁ。
照射範囲は狭くなりますが、他の部位にも使えます。

重さはそこまでありません。疲れたーとはならないいい重さ。
トリガーも引きやすい位置で、連射でも使いやすいです。
カートリッジも買い替え不要で数年は問題ない照射回数でお財布にも優しい。
ただ・・・ほんと処理できない部位があるのが非常に残念。
指の毛が少なくて気にしない方には、顔用アタッチメントのことも含めていいと思います!

引用:Amazon

女性6
女性6

購入して1か月半あまり。4回使用しての感想です。(20代女)
元々すね毛が濃く、毛量も多いのですが、これを使用し、3回ほどで毛の量は明らかに少なくなってきました。
生えてくる毛質はまだ差ほど変わりありません。
また、生えてくる毛のスピードも以前より遅くなったのが実感できています。

引用:Amazon

フィリップスの脱毛器の口コミを調べてみたところ、その使いやすいシンプルな設計と高い脱毛トリートメント効果に好評がありました。

この脱毛器はスマートスキンセンサーが搭載されており、使用する人の肌の色に合わせてオススメの照射レベルを教えてくれます。

そのため、自分に一番ぴったりな照射威力で脱毛できるので肌に余計な負担をかけずに優しく脱毛できるのが魅力的です。

また、多くの脱毛器と同じように連射機能が備わっているので全身も数十分程度でパパッと脱毛することができます。

ただ個人的に残念に感じるのがフィリップスの脱毛器「ルメア」は男性向きではないこと。

実はこの脱毛器、使用できない箇所が意外に多く、公式サイトには以下のように小さく表記されています。

使用できない箇所:目の周り、眉毛の周り、耳、乳首、乳輪、へそ内部、外陰部、膣部、肛門。男性はこれらに加えて顔全体、男性器には使用しないでください。

引用:フィリップス-公式

つまり、vioや髭などの脱毛に使えないということです。

もちろん、光美容器としての仕組み的に髭やvioに光を照射してしまえば、毛根の組織を破壊できるので脱毛できないわけではないのですが、公式サイトで使用できないと表記されている以上、危険ですよね。

なので、vioや髭脱毛をしたいなら日本製の脱毛器『ケノン』を選ぶか最近登場してきたハイスペックの中国製脱毛器などもおすすめです。

詳しくはこちらをどうぞ!

フィリップス脱毛器の効果

フィリップス脱毛器の効果

フィリップス脱毛器の口コミから分かるリアルな効果と使用感がこちらです。

効果・使用感
  1. シンプルな設計で使いやすい!
  2. 脱毛効果を早く実感できた
  3. 値段が高めだけど、脱毛サロンよりはコスパがいい
  4. 肌に優しい照射が魅力的
  5. 使い続けると脱毛効果をしっかり実感できた
  6. アタッチメントを使い分けれるのが便利
  7. 連続照射で全身を一気に脱毛する感覚が癖になる
  8. 自動で肌の色を認識しておすすめの照射レベルを教えてくれるのがいい

続いて、ルメアの気になる効果を深掘りしていきたいと思います。

vio脱毛もできる?

vio脱毛もできる?

先ほども解説した通り、ルメアでvio脱毛をすることは推奨されていません。

使用できる個所はせいぜいビキニラインのvラインまでですね。

なので、vio脱毛を自宅でしたい場合は他の脱毛器を使うのがおすすめです。

おすすめはケノンですが、ケノンにストロングカートリッジをつけて照射することで毛が濃くて太めなvioラインでも綺麗に脱毛することができますよ。

男性の髭脱毛におすすめ?

それから、男性の髭脱毛もルメアでやる場合は注意です。

使用できない個所として男性の顔全体が記述されているので、髭脱毛目的でルメアを使用するのはおすすめしません。

もしも髭だけを脱毛したいのであれば、ピンポイントで強力な脱毛効果を発揮してくれるレーザー式の「トリア」などがおすすめです。

また、男性の方で全身+髭も脱毛したいという方であれば、やはりケノンがおすすめでしょう。

ケノンのストロングカートリッジ で髭脱毛している男性の方は多く、実際に私も脱毛しましたが満足いく仕上がりになりましたよ。

美顔器として使える?

美顔器として使える?

それからルメアを顔に使用した場合の効果です。

女性の顔であれば、ルメアのしようが認められているので問題なく使うことができると思います。

また、ルメアは光美容器として設計されているので、肌に優しく照射してあげれば少なくとも肌のハリと潤いアップが期待できます。

公式サイトでは美顔器としての効果は謳われていませんが、光美容機器の場合は美顔器としても使えるタイプが多いので、ここもルメアのポイントの一つですね。

ルメアの使い方

ルメアの使い方

ルメアの使い方は公式サイトで詳しく解説されています。

Step 1
カミソリなどできれいに除毛します。

Step 2
電源を入れ、肌の色や毛の色、敏感さに合った照射レベルを5段階から選びます。
※一般的な日本人の肌色に推奨されるレベルは3-4です。

Step 3
安全センサーが、肌にやさしく接触するよう直角に当てます。

Step 4
READY(準備完了)ランプが点灯したら、照射ボタンを押します。照射したらボタンを押したまま次の箇所にスライドさせます。

フィリップス-公式サイト

ルメア

ルメアなどの光美容機器を使うポイントとして、週に1回程度のペースで脱毛するのがおすすめです。

脱毛サロンなども同じなのですが「光脱毛」の場合は、毛の生え変わるサイクルに合わせて照射していきます。

そのため、毎日ルメアを使用しても意味がないんですね。

なので、週に1回のペースで継続して脱毛に取り組むのが重要です。

3回を目安に効果が現れると公式サイトでは書かれていますが、おそらくそれは毛が薄い方向けの内容です。

毛が濃い方であれば3ヶ月程度で効果を実感できると思いますので、じっくりと脱毛をしていってください。(ちなみに、脱毛サロンなら効果が現れるまでがもっと遅いです。)

脱毛器フィリップスvsブラウン

脱毛器フィリップスvsブラウン

さて、ここまでルメアのスペックについて徹底的に解説してきましたが、有名な脱毛器『ブラウン』などと比較した場合、どちらが優れているのでしょうか?

ここから比較していきたいと思います。

脱毛器フィリップスとブラウンのスペックを見比べた場合、優秀なのはブラウンですね。

ブラウンは照射回数が40万回ですが、フィリップスは25万回しか使えません。

また、照射面積もブラウンの方が大きいので手短に脱毛を済ませることができます。

そして値段ですが、ここはいい勝負で、ブラウンは4万円代(旧モデル)〜5万円代(最新モデル)ですが、フィリップスも5万円代です。

フィリップスが唯一ブラウンに優っている部分と言えるのは、アタッチメントが付け替えれることですね。

もちろん照射面積が小さいわけですが、その分細かいパーツの脱毛をしやすいです。

ですが、フィリップスかブラウンかの2択であればブラウンをおすすめします。

値段も安いですし、全身脱毛に十分なスペックをもち、vio脱毛もできるアイテムだからですね。

さらに脱毛器ブラウンについて知りたい方はこちらをご覧ください。

フィリップスvsケノン

次にフィリップスvsケノンで比較してみましょう。

ここも言うまでもありませんが、ケノンの方がダントツで優秀なスペックを持っています。

もちろん、ケノンのほうが値段が高く6万9800円もしてしまいますが、長期的に脱毛していくことを考えるとケノンを購入しておいたほうが後悔しないと思いますね。

ケノンなら照射回数300万回(レベルMAXでも50万回)使うことができますし、今購入するとたくさんのカートリッジがもらえるので、実際はもっと寿命が長いです。

そして、照射面積も9.25㎠と家庭用脱毛器の中でも最大クラス。

さらに美顔器としても使うことができるので、美容エステを自宅で再現してくれます。

上記のことからもフィリップスの脱毛器「ルメア」と「ケノン」を比較した場合、おすすめなのはケノンです。

ちなみに、先ほど紹介したブラウンよりもケノンと比較した内容を以下の記事でまとめているので、気になる方はご覧ください。

脱毛器フィリップスの最安値

脱毛器フィリップスの最安値

続いて、脱毛器フィリップスのお買い得情報を紹介したいと思います。

公式サイトと有名ECサイトで価格を比較してみたところ、次のような結果になりました。

脱毛器フィリップス価格
Amazon54471円
楽天56100円
ヤフーショッピング42955円
公式サイト各ECサイトのリンクが設置
結論→ヤフーショッピングが一番お得!

価格を調査してみたところ、4万2955円で販売されているヤフーショッピングが一番お得であることが分かりました。

また、Amazonや楽天でも購入することができ、5万円ちょいぐらいで買えるようですね。

公式サイトでは直接注文することはできず、各ECサイトの商品ページのリンクが貼られているので注意してください。

上記のことからフィリップスの脱毛器「ルメア」をお得に購入するならヤフーショッピングがおすすめです。

Amazon限定のセットも販売されている!

ルメア Amazon

追加情報として、メアはAmazonで購入するとお得な特典がついてくるようです。

通常のアタッチメント付きのタイプから、レディースのシェーバー付きのもの、下位モデルの安いルメアなども販売されているようなので、一度Amazonをチェックしてみるのはありですね。

まとめ

まとめ 脱毛器

ということで今回は世界的な企業フィリップス社が手がける脱毛器「ルメア」について特集してみました。

正直なところ、世界的にヒットしている脱毛器としてはスペックが微妙な印象です。

なんなら日本製のケノンよりも劣っていますし、中国製の脱毛器のような魅力的な機能なども備わっていないので、これから脱毛したい方にルメアはおすすめしません。

それもこれも、現在ではハイスペックの脱毛器がリーズナブルな価格で購入できる時代です。

3万円程度あれば、中国製の最先端テクノロジーが搭載されたアイテムが手に入ります。

また、絶対的な品質と手厚い保証サポートをお望みの方であれば、ケノンを購入しておけば間違いないと思います。

詳しくはこちらの記事でおすすめの脱毛器を紹介しているのでご覧ください。

最後に記事をSNSで拡散!

この記事を読んで良かったと感じた方はSNSボタンよりシェアして頂けると嬉しいです!

ブログ記事を多くの人に届けるためにも、力を貸してください!
ホロンブログをシェア

こっちもポチッと投票お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA